田中神社」ごあんない 全国の「田中」さんの祖とも言われる、田中神社

貴船神社や鞍馬寺へ向かう方に、途中下車して訪れてほしい神社があります。

その名も『田中神社』です。

田中神社は全国の「田中」姓の祖であるとも言われている他、綺麗な羽根を持った孔雀がお出迎えしてくれるという、とってもユニークな神社!
しかも、そこでひけるおみくじが、全国探してもここだけではないかという代物!
その名も「くじゃくみくじ」なんです。引くと苦を弱める「苦弱みくじ」です。

京阪電鉄「出町柳」駅より、路面電車が走る叡山電車に乗り換えて、一駅。「元田中」駅の程近くに、田中神社はあります。
方面としては、貴船神社や鞍馬寺と同じです。

「元田中」駅周辺は、いかにも住宅街といった様相です。また、南に下ると京都大学があります。
その中でどっしりと存在感を示しているのが、『田中神社』なのです。

田中神社は全国の「田中」姓の祖であると、言われています。

地域の産土神として親しまれる、隠れ名所の宮。

田中神社では、主祭神としては「大国主命」が、摂社には「稲田姫大神」「事代主大神」「倉稲魂大神」「猿田彦大神」が祀られています。
また、境内には「玉柳稲荷神社」が祀られています。

駅からも徒歩数分と訪れやすいわりに観光客は少なく、主に参拝されているのは地元の方々のようでした。
古くからこの地域の産土神(うぶすながみ)として、親しまれているのでしょう。
人が溢れかえる観光地を抜けて、ほっと一息つくことが可能です。

立派な羽根の「孔雀」がお出迎え

初めてこの神社を訪れた方は、きっとビックリするかもしれません。
実はこちらの神社では、境内に入ると一羽の孔雀がお出迎えをしてくれるのです!

田中神社の崇敬者であるポップサーカスの久保田社長様がこちらの神社に白と青の孔雀二羽を寄進して下さいました。

最初は白い孔雀と二羽で暮らしていたのですが、白孔雀が亡くなってしまいました。現在は一羽で、参拝客を迎える「看板鳥」の役目を果たしています。

絶対トライしてほしいのは、『くじゃくみくじ』

これ、何だかわかりますか?
実は卵型のケースに入ったおみくじ、その名も『くじゃくみくじ』なんです!  
「苦弱御籤」引くと苦を弱められます。

おみくじがひける神社は日本中に数あれど、こんなユニークなおみくじがあるのは、『田中神社』だけではないでしょうか?もちろん先ほどご紹介させて頂いた、看板鳥である孔雀にあやかったものです。

自分の好きな卵を選び、サイドをプッシュするとケースが開きます。

卵形ケースの中から登場したのは、くるくると巻かれたおみくじ。そして、折り紙で折られた「孔雀」です。

実は中に入っているこの孔雀なのですが、いろんな色のものがあるようです。
大吉・中吉…なども気になるところですが、何色の孔雀が入っているかも楽しみのひとつでしょう。
お友達同士で訪れるのであれば、ぜひみんなでひいて、見せ合いっこしてみてくださいね。

ちなみにこの卵型ケースも、お持ち帰りが出来
ます。きっと良い旅の思い出になるはずです。  
孔雀は「神の鳥」としても世界的に有名です。平成29年は酉年です。是非ともお詣りは孔雀神社の田中神社へお詣り下さい。

プロフィール

田中健(田中神社正禰宜) (たなかけん)

田中神社正禰宜

関西学院大学卒業
若干19歳で映画と音楽のコラボ鑑賞団体を立ち上げ、会員数を2千人に増やす。
21歳でそれを母体に、制作プロダクション「アミ音楽工房」を設立、代表取締役に就任。
サザンオールスターズ、チューリップ、荒井由実等多数の有名アーティストのステージ制作・興行・学園祭のプロデュースを手掛ける。
「音楽」「映画」「イベント」の実績から京都造形芸術大学客員教授、鹿島学園高等学校メディア担当、ハワイ国際大学心理学教授等幅広く教職にも就く。   
先の阪神・淡路大震災では会社と自宅がが全壊となり、その直後より「阪神・淡路大震災復興協会」を立ち上げ、ボランティア活動をライフワークとされておられます。
震災直後に神職の資格を取られ、越木岩神社奉職後、北野天満神社権禰宜等を勤めた後、現、田中神社正禰宜として奉職中。
「神に仕えるプロデューサー」として神社界でも活躍中。

最新記事

  • 八百万の神々の国、日本!!!

    掲載日 :
    2018年9月27日
    テーマ :
    新たな趣味をみつけたい。

    「日本」皆さんは何と読みますか?「ひのもと」「にほん」「にっぽん」「じっぽん」・・・・・・。色々読み方がありますね。お札には「NIPPONGINKO」と表記しています。応援の時は、「にっぽんチャチャチャ」と言ってますよね。辞書によれば、「にほん」でも「にっぽん」でもOK。正式名称が決まっていな.....

  • 神社の正しい参り方

    掲載日 :
    2018年8月17日
    テーマ :
    生活に潤いを。

    最近のパワースポットブームで、社寺を参られる方がどんどん増えていますね。それに加えて外国人観光客。京都の伏見稲荷さまなんかは、毎日、多くの人でにぎわっています。日本人の中にも、古き良きものを敬う感覚を持つ方が多くなったのか、最近、社寺参拝ブームが起きているよう。折角、お参りするのなら、正しい作.....

  • 五節句

    掲載日 :
    2018年5月14日
    テーマ :
    新たな趣味をみつけたい。

    節句は日本の暦の一つであり、伝統的な年中行事を行う季節の節目となる日のことです。日本の文化・風習の一つであり、古くは節日(せちにち)とも言います。五節句は、・人日(じんじつ)1月7日七草の節句・上巳(じょうし)3月3日桃の節句・端午(たんご)5月5日菖蒲の節句・七夕(たなばた)7月7日笹の節句.....

  • 鬼門

    掲載日 :
    2018年2月12日
    テーマ :
    新たな趣味をみつけたい。

    鬼門は古代中国の「山海教」にある物語が、北西(乾)の方角を「天門」、南西(坤、ひつじさる)の方角を「人門」、南東(巽)を「風門」、北東(艮、うしとら)の方角を「鬼門」としたことから始まっています。陰陽道では、鬼が出入りする方角として、万事に忌むべき方角となっています。鬼門とは反対の南西(坤)の.....

  • 「厄年」とは

    掲載日 :
    2018年1月9日
    テーマ :
    生活に潤いを。

    「厄年」とは、人生の節目に様々な体調の変化があるので気をつけるようにとの戒めの意味が込められているもの。厄年の年齢は、基本的に男女別に考えられています。ですが、完全に年齢が別になっているわけでもありません。男女共通の厄年というものもあります。また、年齢は数え年で見ていきます。現在、私たちが使っ.....

  • 日本神道について

    掲載日 :
    2017年11月19日
    テーマ :
    生活に潤いを。

    皆さんは日常生活において「神」の存在を意識することなく生活していませんか?皆さん自身の中で「自分は無宗教である」とか「日本人は無宗教・多宗教者である」という概念を持っておられないでしょうか。無宗教者とは神も仏も現世には存在しないと断定している人ですが、そんな人も子供が生まれた時の「お宮参り」、.....

  • 「躾」とは

    掲載日 :
    2017年11月12日
    テーマ :
    生活に潤いを。

    こんにちは。「神に仕えるプロデューサー」の田中健です。私は、音楽プロデューサーとしてイベントやコンサートをプロデュースする傍ら、ハワイ国際大学教授として「音楽心理学」を教えたり、田中神社正禰宜として神に奉職をおこなったりしています。元々、阪神大震災で自宅や会社が倒壊した折に、越木岩神社で大変お.....

関連バナー ライター関連サイト

ページトップへ