安らかに、おだやかに暮らせること  ずっと住みたいと思える住まいであること

超高齢社会を迎えた日本。
介護保険がスタートし14 年以上の歳月が流れる中で、介護をとりまく環境も大きく変化してきました。


ひとつには、介護と医療の連携が、より必要になってきたこと。
私自身、これまでの介護に携わる仕事のなかで、すばらしい医師や医療関係者との出会いから、素敵な人生をまっとうされる場面を経験する一方、逆に、医療と介護の連携が不十分なため、その方にとってより良い選択がしきれなかった、もどかいしい思いもしてきました。介護のスキルアップや、介護者のその方を大切にする姿勢とサーピスは大前提です。しかし、そのうえで地域医療と介護との連携なくして、その方らしく安心して過ごせる時聞をど提供することは、ほんとうに難しいと感じています。


もうひとつはには、価格の問題。
介護がいつ終わりを迎えるのか・・・考えることは悲しく切ないことでありますが、介護を受ける方々、支えるご家族様にとっては深刻な問題です。低成長社会、資産が増えない社会になっていくということは、より安価で、わかりやすい価格でずっと継続的に介護を受けることができる、ということが安心であることのより大きな要素になりつつあります。


さらには、介護・医療を支える人財のこと。
私は、これまでご入居者様、ご家族様はもちろんのこと、介護や看護に携わり、一緒に仕事をしてきた皆様から、ほんとうに多くのことを教わりました。しかし、介護に携わる皆様が、やりがいをもって、成長を実感して、知識と技術を学び、支えあい、励ましあい、心を鍛える、そんな仕事が出来る環境は、まだまだ充分とは言えません。
より長く、この仕事のプロフェッショナルとして誇りをもちながら仕事ができる環境を整えることが、人財の成長につながると考えています。


●医療としっかり連携ができている介護サーピス
●相対的に安価なサーピスを継続的に提供できる仕組みづくり
●そして介護・看護の人財の成長を支える事業基盤と風土
そういうことを、この「株式会社シニアスタイル」で実現していきたいと考えています。

プロフィール

廣瀬秀毅 (ヒロセヒデキ)

株式会社シニアスタイル代表取締役

●医療としっかり連携ができている介護サーピス
●相対的に安価なサーピスを継続的に提供できる仕組みづくり
●そして介護・看護の人財の成長を支える事業基盤と風土
そういうことを、この「株式会社シニアスタイル」で実現していきたいと考えています。

最新記事

  • 優しさとは・・・

    掲載日 :
    2017年12月4日
    テーマ :
    親の介護。家で看る?施設に入所?

    はじめまして。シニアスタイルは、尼崎で、サービス付き高齢者住宅と住宅型有料老人ホームを運営しています。ときどき、徒然なるままに、コラムを掲載させていただこうと思っています。さて、最近の個人的な出来事です。夏川草介さんの「神様のカルテ」シリーズ。読まれている方も多いと思います。0巻が文庫本で発売.....

関連バナー ライター関連サイト

ページトップへ