プロフィール

甲斐沼成 (カイヌマシゲト)

医療法人甲聖会理事長

総合内科医

当院は、父・甲斐沼正が1978年に診療所として開院して以来40年、ここ吹田市江坂の地で地域の皆さまに育てていただき、現在に至ります。
地域社会のみなさまとの交流と、敬意をもって患者さまおー人おひとりに寄り添う医療に努め、2007年に財団法人日本医療機能評価機構より認定証を取得。2017年に在宅療養支援病院となりました。
さらに、2018年2月に「地域包括ケア病床」を開設しました。
地域包括ケア病床は、亜急性期から回復期の患者さまを自宅や施設に復帰する手助けをする病床です。
地域包括ケア病棟・療養病棟の運営に力を注ぎ、また在宅療養支援病院としての責任を果たすため日々邁進しております。

記事一覧

1 件中 1 番目から 1 番目の記事を表示
  • 1
  • クスリのリスク

    掲載日 :
    2020年1月23日
    テーマ :
    医療のシクミ。介護のシクミ。

    医療法人甲聖会の甲斐沼成(かいぬましげと)です。地域の医療・介護関係者向けにコラムを書きました。お時間あれば、ぜひご一読ください。皆さん、以下のクスリの情報を書いた紙、見たことありますよね?正式には「薬剤情報提供文書」といい、薬局が患者さんにクスリを渡すときに一緒につけるものです。

1 件中 1 番目から 1 番目の記事を表示
  • 1

関連バナー ライター関連サイト

ページトップへ
老人ホーム探しはこちら