高齢者の疾患①(単なるもの忘れ?病気(認知症)によるもの忘れ)

親の認知症の兆候を早くつかむのが大切

親の介護で会社を辞める原因の多くが、親の”認知症”。
徘徊する、失禁する、怪我をする、ぼやを出す、119番通報をする。
近所の皆様に迷惑をかけるので、1日中一緒にいとかないと…。
そういったことが原因で会社を辞めざるを得ないと追いつめられる…。

でも、そんな症状は急に現れるのでしょうか?
親と離れて暮らしていると、親の状況はわかりずらいもの。でも症状は徐々に表れてきています。
「自分の親が認知症なんて、信じたくない…。」
でも親御さんは、「最近もの忘れがひどく、自分は認知症ではないか?でも診断されるのは怖い。」ともっと怯えておられるはず。

早期発見、早期治療が何事にも大切。認知症だって一緒です。

認知症って、重い症状ばかり思い浮かべていませんか?

認知症は思い症状ばかりではありません。
日常生活で本人や家族に困ることが増えてきたら、認知症の可能性もあります。

どこまでが単なるもの忘れで、どこからが認知症なのか?
確かに認知症は老化によるもの忘れと区別がつきにくい病気です。
「年のせいでしょ」と思う些細な変化に認知症のサインが隠れています。
・”しょっちゅう”同じことを言ったり聞いたりする
・”いつも”探し物をしている
・”ヒントを言っても”人の名前を思い出せない
・”食べたメニューを思い出せない”のではなく”食べたこと自体を覚えていない”ことがある。
こんな日常生活でのやりとりがサインです。見逃さないようにしましょう。

認知症のヒントとは?

公益財団法人認知症の人と家族の会のHPに「家族がつくった 認知症 早期発見の目安」が掲載されています。

日常の暮らしの中で、認知症の始まりではないかと思われる言動を、「家族の会」の会員の経験からまとめたものです。医学的な診断基準ではありませんが、目安として参考にしてください。
いくつか思い当たることがあれば、専門家に相談してみてください。
何でもなければ安心ですし、他の病気が見つかればそれはそれで対応ができます。

●もの忘れがひどい
□1 今切ったばかりなのに、電話の相手の名前を忘れる
□2 同じことを何度も言う・問う・する
□3 しまい忘れ置き忘れが増え、いつも探し物をしている
□4 財布・通帳・衣類などを盗まれたと人を疑う

●判断・理解力が衰える
□5 料理・片付け・計算・運転などのミスが多くなった
□6 新しいことが覚えられない
□7 話のつじつまが合わない
□8 テレビ番組の内容が理解できなくなった

●時間・場所がわからない
□9 約束の日時や場所を間違えるようになった
□10 慣れた道でも迷うことがある

●人柄が変わる
□11 些細なことで怒りっぽくなった
□12 周りへの気づかいがなくなり頑固になった
□13 自分の失敗を人のせいにする
□14 「このごろ様子がおかしい」と周囲から言われた

●不安感が強い
□15 ひとりになると怖がったり寂しがったりする
□16 外出時、持ち物を何度も確かめる
□17 「頭が変になった」と本人が訴える

●意欲がなくなる
□18 下着を替えず、身だしなみを構わなくなった
□19 趣味や好きなテレビ番組に興味を示さなくなった
□20 ふさぎ込んで何をするのも億劫がりいやがる
 

早期発見が何故大切?どこに相談?

現在の医療技術で認知症を根本的に治療することは困難ですが、早期発見することは以下のメリットに繋がります。

・症状を軽くできる薬や治療により、進行を遅らせることができます。
・認知症が進行した際に自分の生活をどうするか?誰にサポートしてもらいたいか?財産をどう管理するか?とうを周りの家族と一緒に考え、伝える時間が得られます。
・介護の方法やサービス情報を集めることで、重い症状になった場合の備えが出来ます。

認知症について相談したいときは、
本人と相談にいける場合は、最寄りのお医者さま、特に専門医療機関である「もの忘れ外来」「認知症外来」「認知症疾患医療センター」、そのほか、「神経内科」「神経科」「精神科」を標ぼうする病院・クリニックへ、
本人が病院に行きたがらないので家族だけで相談する場合は、「地域包括支援センター」でまずは相談しましょう。

本人が病院に行きたがらない場合は?

本人は認知症かもしれないと感じていても、
「認知症は治らないから、診断されると怖い。」
不安や認めたくないという気持ちから受診をためらう人が多いのも事実。

自分の身になって考えてみたらあたりまえですよね。
不安な症状が出始めている本人は、私たちがかんがえられないくらい、もっともっと不安を感じています。

そんなときには、
・本人が信頼しているかかりつけ医の先生に「一度、精密検査を受けてみたら?」と勧めてもらう。これは事前に先生にお願いしておくことが肝要です。
・「大丈夫だと思うけど、一度、脳ドックだけでも受けてみる?」と家族から誘ってみる。
・まずは家族だけで「もの忘れ外来」等がる病院に相談に行き、認知症の専門医に相談した上で、他の病気を理由にその病院を訪れ、ついでに「もの忘れ外来」にかかってもらう。
というような方法で、まずは検査を受診してもらうようにしましょう。

その場合の準備として
・今困っていることや不安に思っていること
・日常生活にどんな支障、困難が生じているか
・どのような症状がいつ頃から起こったか
・今までにかかった病気、現在飲んでいる薬
を整理し、専門医にメモで渡すことをお勧めします。

この記事のライターをご紹介

佃井義尚 (ツクイヨシナオ)

コラムサイト穂の花副編集長

平成元年 関西電力㈱入社
関西電力㈱広報部門、㈱かんでんジョイライフ入居相談(営業部長)、関西電力㈱グループ経営部門等を経て、平成29年関西電力退職。
平成29年 「穂の花」編集長 荒牧ともに㈱アットウィル設立。

関連バナー ライター関連サイト

オススメ記事

  • 介護関係者の皆さまへ!!!地域包括ケア病床を活用しよう!!!

    私は現在、吹田市江坂にある「甲聖会紀念病院」のコンサルタントを行っています。コンサルタントと言っ...

  • 損をしてしまう確定申告

    こんにちは。税理士の市川です。今回は、節税のための確定申告に、思わぬ「落とし穴」もあること紹介し...

  • リハビリに強いサ高住!!!ケア・キューブ豊中

    高い入居一時金を支払い、更に高い月額利用料を支払う。結果、スタッフが沢山配置されていて、看護師、...

  • 昔は不便だった?でも省エネやエコの工夫というものがありました。

    新元号が「令和」と発表され、新時代への期待が高まっています。その一方、地球の温暖化や環境悪化が、...

  • 医師国家試験はこんな感じ

    「医師×福祉×経営」で感じたことを発信します、レギュラーコラムニストの柏木です。ご存知の通り、医師...

人気の専門家

  • 税理士:市川 欽一

    税理士:市川 欽一
    「人に尽くす 人でありたい!」

  • 昭和の思い出つむぎ隊

    昭和の思い出つむぎ隊
    高齢者とその支援者に対し、安全で安心できる生活に必要な情報および支援を提供。

  • 勝 猛一

    勝 猛一
    任意後見は、頭の保険です。

  • 柏木 秀行

    柏木 秀行
    「医師×福祉×経営」で感じたことを発信します

  • 龍村昭子

    龍村昭子
    依頼者の目線に立って物事を考え,丁寧な処理を心掛けています。

  • 上坂薫

    上坂薫
    整理収納サービスのプロが集まって活動している団体です。

  • 田中健(田中神社正禰宜)

    田中健(田中神社正禰宜)
    神に仕えるプロデューサー

  • 中野 靖之

    中野 靖之
    京都在住の金融教育家・1on1FE(ファイナンシャルエデュケーター)の「やすべえ」です。

  • 荒牧誠也

    荒牧誠也
    「穂の花」でシニア・ミドルの生活をもっと豊かに!!!

  • カスタマ2
  • ルナエンバシージャパン
  • 有限会社万来
  • オーディオブック
  • 株式会社ドリーム
  • 保険の見直しのコツ教えます。保険市場へリンク
  • 株式会社ベイシス インスタグラム広告
  • 公益社団法人 認知症の人と家族の会
  • 独立行政法人福祉医療機構 介護制度の情報
  • シニアのためのライフスタイル相談室穂の花
ページトップへ