薬局を活用しよう!その9 薬局での活動「きららみらいカフェ」の具体例について。

「きららみらいカフェ」の参加いただいた患者様の声

皆さんこんにちは。
(株)J.みらいメディカル「きららみらい薬局グループ」の未来きららです。

今年の冬は例年と比べ少し暖かく感じますが、体調は崩されていないでしょうか?外出される際は、マスクの着用や温度差に対応できるよう上着の持参などを心掛けましょう。

さて、前々回(第7回)で地域へのかかわりとして、参加型健康イベント『きららみらいカフェ』についてご紹介いたしましたが、今回はお越しいただいている患者様の声をご紹介したいと思います。

その患者様は、いつもはそれほど長くお話されない方で、お薬の説明や体調中心にお伺いして指導をしていました。

店内で健康イベント『きららみらいカフェ』を開催することになり、その患者様にもご案内させていただきました。普段は物静かな方ですが、当日は楽しそうに色々質問しておられました。

「カフェ」にお呼びしてよかったと感じました。
患者様から「また参加したいので、次回もカフェの案内をしてください。」とありがたいお言葉をいただきました。理由をお伺いすると、普段は周りの患者様が待っている中、自分だけが長く話をして時間をかけてしまっては申し訳ないと気を遣っておられたようでした。

今回「カフェ」という場を通じて、ゆっくり話をすることができ、共通の話題(テーマ)で悩みを抱えている方とも情報を共有できたので、他の方々とのコミュニケーションの輪が広がった。
また、ご自身が気付かなかったことも「カフェ」を通じて新たな発見ができ、参加してよかったとのお話をいただきました。

薬剤師として、ドクターと患者様に情報提供をする中で、疾患の理解が深まりその後の服薬指導に役立ちました。

薬局で相談したいけど、直接お薬のことではないので言いづらいなどがあれば、ぜひ参加してみてください。
私たちはそのような患者様に対して、「カフェ」という形でゆっくりお話をできる時間を作りたいと思っています。

もちろん、「カフェ」以外でも普段から相談したいことがございましたら、いつでもお声をかけてくださいね。
私たちは「この薬局に来てよかった。また来たい。」と思っていただけるよう社員一同でとりくんでいます。
 

この記事のライターをご紹介

未来 きらら (ミライ キララ)

(株)J.みらいメディカル

(株)J.みらいメディカル「きららみらい薬局グループ」の未来きららと申します。地域に根差した薬局として、地域で貢献すべく日々努力しております。コラムでは、薬局での薬剤師や管理栄養士の役割や仕事内容をわかりやすくシリーズで紹介します。皆様のお役に立てれば幸いです。

関連バナー ライター関連サイト

ページトップへ
老人ホーム探しはこちら