エンゼルケアグルーミング

おくりびと

長い間、家族と暮らしたペットたちに最後にしてあげたいことは、さてなんでしょう?
「好きだったものを食べさせてあげたい」「大好きだったお散歩コースに出かけたい」そして「綺麗にしてあげたい」
高齢化は、ペットたちも同じです。医療の発展と共に、寿命が延び、そして、室外から室内外になったことで、事故や感染症なども起こりにくくなり、長寿になりました。
そして、高齢になると、人間の3大疾病と同じように、心臓病やがんなどにかかる子たちが増え、最後は介護が必要な状態になります。長期間、シャンプーに入れてあげられなかったり、おむつが外せなかったり、そんな最後だった時にやはり心残りには、綺麗にしてあげたいという気持ち、これは人間と同じですね。
人間ならば「湯灌」、私の母も最後に綺麗にして頂きました。消毒や、いろんなものにまみれた体を綺麗にして、最後の別れをさせてあげようと、お通夜の前にお願いしました。
そういったことをペットたちにしてあげようというのが「エンゼルケア」といいます。
長年、お店をやっているとそういったご依頼もあるのですが、今までは、ネーミングもありませんでした。
このエンゼルケアをするということは、ペットたちのケアでもありますが、飼い主への「心のケア」にもなります。
物言わぬペットたちを子供のようにかわいがる人はたくさんいます。また、子供たちの中には、「見送る」ことをペットたちで初めて体験する場合もあります。
心が苦しくて、辛くて、「もっと何かしてあげられたんじゃ無いか?」そんな気持ちになる方も大勢います。
そんな気持ちの整理に、このエンゼルケアが一つの大切な時間になるのです。
最近は、人間は「直葬」も多くなってきたのに、ペットたちは逆にお葬式や、お通夜など、心から別れを惜しむ仲間で見送ることが多くなりました。
綺麗にした体で、元気なときの姿を思わせるような、そんな姿でお別れをさせてあげることで、一つ心が安らぐということです。つまりペットロスを緩和する一つになるのです。
ペットのおくりびと、トリマー(グルーマー)の今後は、そういった要望にお応えすることで、お客様の心のケアのお手伝いを担っていくのではないでしょうか?


 

この記事のライターをご紹介

ラジオパーソナリティー 「まゆまゆ」こと 岡 真由美 (オカ マユミ)

ペットライフコンシェルジュ

ペット関連サービス

有限会社PURENESS 代表
 
 大阪府大阪市旭区生まれ

1994年 旧有限会社 岡商店 代表取締役就任 1968年創業の父の会社を継承
1998年 ペットサロンをオープン
2013年 ペット関連業 ペットビジネスサポート異業種交流会を主催(代表幹事)、ペット関連業のネットワークを拡大
2016年 ペットライフコンシェルジュサービスを開始。
     高齢者が最後まで愛犬、愛猫と暮らせる環境を作る事業のサポート、コンサルティングを開始
2017年 日本ペットサロン協会 理事就任 

犬の情報番組インターネットラジオfm-gig「ドッグワンチャンネル」の元パーソナリティー 

関連バナー ライター関連サイト

ページトップへ
老人ホーム探しはこちら