フォークソング概論

ご挨拶

皆様こんにちは。
㈱オフィス・アミ代表 田中健です。

私は関西学院大学在学中に音楽プロデュース会社を設立し、以降、数多くのミュージシャンのプロデュースに関わってきました。

サザンオールスターズ、荒井由実、チューリップ、吉田拓郎・・・・・。
私がイベントも含めプロデュースした方たちです。

今後は、これらの思い出や、自身が生涯をかけて取り組んでいる「映画関係」について、皆様にお伝えしていきたいと考えています。

どうかよろしくお願いします。

まずは、基礎中の基礎、フォークソング概論について語らせていただきます。

懐かしい響き「フォークソング」

「フォークソング」と云う言葉を耳にして、嬉しく、心地よく、懐かしく、感じます。

フォークソングとは、1960年初頭よりアメリカにてピート・シーガー、ボブ・ディラン、ジョーン・バエズ、PPM等らによる、公民権運動や反戦活動(ベトナム戦争)に関するメッセージ性の高いプロテストソングとして多くの若者(特に大学生)に支持され、若者の間でアコースティックギターサウンドとして、大流行しました。

この現象は、当時、日本(60年安保条約)でも支持され、特に学生の街(京都)で大学生たちによる一大ムーブメントとなり、そのパイオニア的存在が「フォーク・クルセイダーズ」(フォークの十字軍・北山おさむ、加藤和彦、端田宣彦)です。

このフォークソングは、カレッジフォークと云われ、大学生を中心にバンドを組み、願いや想いを、ゲバ棒や火炎瓶と云う武力行使ではなく、フォークギターに持ち替えて、音楽を歌詞に託して歌で主張する事です。

このカレッジフォークは、京都から端を発し、関西フォークと名前を付けることによりメッセージ性を強くして、アンダーグラウンドな音楽で一層人々の心に共鳴・共感し、各地にフォークソングの広がりをみせ全国展開をしました。

「フォークソング」から「フォークロック」へ

全国的なフォークソングブームになりましたが、プロテストソングと云う「アンダーグラウンドサウンド」が全共闘の消滅と時代の変遷により、衰退していきます。

そして、歌詞を、愛・夢・希望に変えてロック(電気楽器)を加えてフォークロックと云う新しいジャンルができ、音域を広げて「メジャーサウンド」に移行します。

フォーク・クルセイダーズ解散後・・・。

また、フォークル解散後、3人は夫々の道を歩み始めます。

北山修氏は、学校(医大)に戻り勉学の道を歩む。
加藤和彦氏は、電気楽器を使用したバンド(サディスティクミカバンド)を組む。
端田宣彦氏は、シューベルツ(おちゆうじ・杉田二郎)と云う生ギター中心のバンドを組み、「風」「さすらい人の子守唄」~クライマックス「花嫁」~エンドレス「嫁ぐ日」など、次々と大ヒット作品を生み出しました。
シューベルツは「風」でレコード大賞新人賞を獲得しメジャーサウンドブームの先駆けとなります。
これが、後に、ニューミュージックと云う新たな音楽ジャンルにまで到達します。

このシューベルツにより開拓されたメジャーサウンドが以降の音楽界をリードしていったのは皆様ご承知のとおりです。
 

この記事のライターをご紹介

田中健(オフィスアミ 代表) (たなかけん)

㈱オフィスアミ代表取締役社長

関西学院大学卒業
若干19歳で映画と音楽のコラボ鑑賞団体を立ち上げ、会員数を2千人に増やす。
21歳でそれを母体に、制作プロダクション「アミ音楽工房」を設立、代表取締役に就任。
サザンオールスターズ、チューリップ、荒井由実等多数の有名アーティストのステージ制作・興行・学園祭のプロデュースを手掛ける。
「音楽」「映画」「イベント」の実績から京都造形芸術大学客員教授、鹿島学園高等学校メディア担当、ハワイ国際大学心理学教授等幅広く教職にも就く。   
先の阪神・淡路大震災では会社と自宅がが全壊となり、その直後より「阪神・淡路大震災復興協会」を立ち上げ、ボランティア活動をライフワークとされておられます。
震災直後に神職の資格を取られ、越木岩神社奉職後、北野天満神社権禰宜等を勤めた後、現、田中神社正禰宜として奉職中。
現在も堀田真三、高田美和、高田瞳他数多くのタレントのプロデューサーとして活躍中。

ページトップへ
老人ホーム探しはこちら