介護施設のちがい④ ケアはあまり提供しないけど。 ケアハウスとは?

ケアハウスって”正確に”ご存知ですか?

介護施設の入居紹介や介護相談業務を行っていますと、「有料老人ホーム」 、「サービス付高齢者向け住宅」と「ケアハウス」を混同されている方が多数いらっしゃいます。

「ケアハウスを探して欲しい。」と言われて、本当の意味でのケアハウスを紹介しようとすると、実は、有料老人ホームやサービス付高齢者向住宅を探しておられる方がほとんど。

では、実際の「ケアハウス」とはどのようなところでしょうか。
今回は「ケアハウス」について説明していきます。

(※以下、写真はかんでん福祉事業団が運営するケアハウス「エルステイ芦屋」のものを引用)

実は”希少”なケアハウス

「ケアハウス」とは地方自治体や社会福祉法人が運営する福祉施設です。

入居の対象者は、介護が不要な方や比較的介護度が軽い方が対象です。
元々の目的は、近親者からのサポートを受けることのできないご高齢者等の日常生活のサポートを提供するために設けられた施設です。
料金は、(その他のカテゴリーの介護施設と比較すれば)比較的安価に設定されています。

沢山あるように思われがちですが、人口の多い大阪市でも19施設しかありません。
「有料老人ホーム」や「サービス付高齢者向け住宅」が200施設以上あることを考えると、その1/10しかありませんので希少性が高いことがわかります。
 
ケアハウスの種類は主に、一般型・介護型に分けられます。

一般型は、
・「自立」の方(「要介護認定に非該当」であることを「自立」と言います)
・軽介護の方(要支援~要介護1程度まで)
以上の方が対象です。

日常生活のイメージとしては、「自身で毎食事時に大食堂へ来れる方」、「夜間の介助が必要でない方」、「身の回りのことは自身で出来る方」をご想像下さい。
知っておいてほしいこととして、認知症になれば退居という施設が大半ということがあげられます。

基本、夜間は宿直者1名のみで、コール対応等は行っていない場合がほとんどです。
介護は外部の介護サービスを使うことになります。

社会福祉法人や自治体が運営していますので、場合により特別養護老人ホームや認知症対応型のグループホーム、小規模多機能生活介護事業所が併設されている場合もあり、中重度の介護状態になると、併設されている介護事業所を利用できる場合もあります。

一般的に「ケアハウス」と呼ばれているのは、このタイプが大半です。

「介護型」は、「特定施設入居者生活介護」の認定を受けている施設。

このタイプは、重介護になっても、看取りまで生活できます(※医療行為が頻繁に必要になる場合は施設と要相談)。
機能的には、介護付有料老人ホームや住宅型有料老人ホームと変わりません。

料金は所得による減免措置も適用可能

ケアハウスは、全室個室がほとんど。

個室の広さは、単身の場合で21.6平方メートル以上、2人部屋の場合で31.9平方メートル以上と規定されています。
21.6平方メートルの広さは、おおよそ「ワンルーム」あるいは「1K」、31.9平方メートルは「1DK」をイメージしてください。
居室にはトイレ、ミニキッチン、エアコン、緊急通報システム、洗濯パン等、一通り自身で家事が出来るようになっています。

共用設備として食堂や浴室、談話室など用意されています。
自治体や社会福祉法人が運営していますので、居室や共用施設は結構立派なところが多いのも特長です。
浴室は大きな共同浴場が1箇所設置されており、男女が時間を分けて利用する施設がほとんどです。

ケアハウス入居に所得制限はありません。

入居時の初期費用となる「保証金」が、一般型で約30万円、介護型で数十万~数百万円かかる場合もあります。

月額費用は、家賃や食費、光熱費などの生活費、施設運営費や管理費などが含まれ、所得により細かく自己負担額が決められており、「一般型」で住民税非課税世帯の約8万程度から、課税所得者で15万円程度が相場です。
「介護型」でも同様となりますが、要介護度に応じて、介護保険の自己負担額が別途加算されます。

入居の方法としては、まず、自治体に尋ねるか、ホームページなどで希望する施設に直接連絡をします。
問い合わせをすると、居室の空き状況、待機者の数、利用料、入居条件等を説明してくれます。
希望すればパンフレットも送付してくれますし、施設見学や体験入居も可能です。

「一般型」の入居に必要な書類は、入居申込書、健康診断書、住民票、身元保証書、収入証明書、年金証書などです。
介護型を希望する場合は、それらに加えて介護保険資格者証が必要になります。

施設によって多少の差があるので、入居を希望する場合は、見学をきちんと実施し、施設の生活相談員に相談するようにしましょう。

希少なケアハウスですので、都心の便利な所は、待機が必要なところがほとんどです。
ただ、地方になると、結構、空いているところも多数あります。
空きのあるケアハウスは、立地している自治体の住民でなくても入居を受けてくれますので、興味のある方はお問い合わせ下さい。 
 

株式会社アットウィルのご紹介

株式会社アットウィルではケアハウスのみならず、各種の介護施設をご紹介いたします。
親御さんの介護施設選びにお悩みの方は是非ともお問い合わせください!
また、将来的な介護の準備や、ご家族の介護を既に行われている方のご相談にもご対応致します。
また、介護職の方で、入居者様の転居先にお困りの方も是非ともお問い合わせください。

この記事のライターをご紹介

荒牧誠也 (アラマキセイヤ)

コラムサイト穂の花編集長

株式会社アットウィル 代表取締役
1964年 大阪府大阪市生まれ
1988年 関西電力㈱入社。介護事業子会社 ㈱かんでんジョイライフや医療関係子会社 ㈱かんでん在宅医療サービスの設立や運営に従事。関西電力グループのメデイカル・ヘルスケア事業の企画業務や㈱京阪ライフサポートのM&Aに従事後退職。
2017年 関西電力㈱を退社。㈱ベイシスのソーシャルビジネス事業部長に就任。同時に㈱かんでんジヨイライフ時代の仲間と㈱アットウィルを設立し代表取締役に就任。

関連バナー ライター関連サイト

ページトップへ
老人ホーム探しはこちら