この国の介護人材確保大丈夫?全国介護保険・高齢者保健福祉担当課長会議資料より!!!

2025年には新たに29万人の介護人材が必要となる!!!

平成31年3月19日に実施された、全国介護保険・高齢者保健福祉担当課長会議資料に大変興味深い資料が掲載されていました。
第7期介護事業計画に基づく介護保険の需要量から計算すると、その提供のために必要な介護人材が2020年の26万人から、2025年には倍以上の55万人必要になるとの推計。
なんと、たった5年で29万人の新たな介護人材が必要となってくるという恐ろしい推計です!!!

そのための取組みとして、
・介護職員の処遇改善
・多様な人材の確保・育成
・離職防止・定着促進・生産性向上
・介護職の魅力向上
・外国人材の受入れと環境整備
の5項目が揚げられていました。

そのために、「介護現場革新会議」なるものが立ちあげられ、昨年の12月11日にキックオフ会議、以降、今年の4月以降、全国数か所でパイロット事業が実施され、今年度中に各事業の成果を国によって取りまとめるようです。

何といっても5年で29万人ですから、スピード感を持って取り組まないといけない課題ですね。

5項目の取組みの概要とは!!!

1つめの介護職員の処遇改善に関しては、今年10月に新たな処遇改善加算が導入されることは皆様ご存知のとおりですね。

2つめの多様な人材の確保・育成に関しては、中高年や未経験者に対し、入門的研修の導入やその後の介護現場へのマッチングを行う取組みを強化する模様です。

3つめの離職防止・定着促進・生産性向上に関しては、介護職機能分化・多職種ケアチームの推進、介護ロボット・ICT活用の加速化、生産性向上ガイドラインの策定・普及、認証評価制度ガイドラインの策定・普及に取り組む模様。

4つめの介護職の魅力向上に関しては、若者・子育て層・アクティブシニア層への介護職の魅力発信。

5つめの外国人材の受入れと環境整備に関しては、特定技能等外国人介護人材の受入環境整備として、介護技能向上のための集合研修、介護の日本語学習支援、介護業務等の相談支援・巡回訪問の実施等を行うようです。

新たな処遇改善や認定介護福祉士の取組み、介護ロボットの導入、外国人材の受入れ等、意見は百出していますが、5年後に29万人ですから、一つ一つを丁寧に議論している余裕もないですよね。

注目は「文書量半減の取組み」!!!

先行的な取組みとして、
・三重県の特養における「介護助手」の導入
・経産省と厚労省が一体となって取り組んでいる介護ロボットの開発促進(移乗、移動、排泄、見守りコミュニケーション、入浴、介護業務支援)
・文書量半減の取組み
等が紹介されていました。

予算的には、
・介護事業所における生産性向上推進事業に4.4億円
・介護ロボット開発等加速化事業に4.8億円
・介護分野におけるICTを通じた情報連携推進事業に0.65億円
を投じるようです。

注目したいのは、介護事業所における生産性向上の取組みですね。

取組みとして、
・介護事業所における生産性向上ガイドラインの活用
・生産性向上推進事業の実施
・介護ロボット開発加速化事業
・介護分野におけるICTを通じた情報連携推進事業
・文書量半減の取組み
を行う模様ですが、やはり、「文書量半減の取組み」に注目したいです。

特に、「報酬請求書関連文書」、「指導監査関連文書」の削減に取り組む模様で、今後、自治体や介護事業者等にヒアリングやアンケート調査を行う見込みのようです。

自治体独自の様式等もあるようで、それらの削減に取り組んでいただけるようでしたら、本当にありがたいことですよね。

皆で施策成功のために協力を!!!

5つの取組みは、どれが進んでも、介護事業者や従業者にとってはありがたいことですよね。
参考に課長会議の資料を掲載しておきます。

団塊の世代の方々が70歳代になっていかれる中で、介護需要の増加はまったなし。
介護事業に取り組んでいる我々は、5項目の中で、どの施策が欠けてもいけませんので、事業者・従業者が一体となって協力していく姿勢が大切だと思います。

厚労省課長会議資料.pdf ( 3 MB )

株式会社アットウィルのご紹介

私たち株式会社アットウィルでは大阪を中心として関西圏で、介護事業者様に対する施設運営のコンサルティングを行っております。今回のコラムのように人材確保のことや、施設運営にお困りの方は是非ともお問い合わせ下さい!

この記事のライターをご紹介

荒牧誠也 (アラマキセイヤ)

コラムサイト穂の花編集長

株式会社アットウィル 代表取締役
1964年 大阪府大阪市生まれ
1988年 関西電力㈱入社。介護事業子会社 ㈱かんでんジョイライフや医療関係子会社 ㈱かんでん在宅医療サービスの設立や運営に従事。関西電力グループのメデイカル・ヘルスケア事業の企画業務や㈱京阪ライフサポートのM&Aに従事後退職。
2017年 関西電力㈱を退社。㈱ベイシスのソーシャルビジネス事業部長に就任。同時に㈱かんでんジヨイライフ時代の仲間と㈱アットウィルを設立し代表取締役に就任。

関連バナー ライター関連サイト

オススメ記事

  • 介護関係者の皆さまへ!!!地域包括ケア病床を活用しよう!!!

    私は現在、吹田市江坂にある「甲聖会紀念病院」のコンサルタントを行っています。コンサルタントと言っ...

  • 損をしてしまう確定申告

    こんにちは。税理士の市川です。今回は、節税のための確定申告に、思わぬ「落とし穴」もあること紹介し...

  • リハビリに強いサ高住!!!ケア・キューブ豊中

    高い入居一時金を支払い、更に高い月額利用料を支払う。結果、スタッフが沢山配置されていて、看護師、...

  • 昔は不便だった?でも省エネやエコの工夫というものがありました。

    新元号が「令和」と発表され、新時代への期待が高まっています。その一方、地球の温暖化や環境悪化が、...

  • 医師国家試験はこんな感じ

    「医師×福祉×経営」で感じたことを発信します、レギュラーコラムニストの柏木です。ご存知の通り、医師...

人気の専門家

  • 税理士:市川 欽一

    税理士:市川 欽一
    「人に尽くす 人でありたい!」

  • 昭和の思い出つむぎ隊

    昭和の思い出つむぎ隊
    高齢者とその支援者に対し、安全で安心できる生活に必要な情報および支援を提供。

  • 勝 猛一

    勝 猛一
    任意後見は、頭の保険です。

  • 柏木 秀行

    柏木 秀行
    「医師×福祉×経営」で感じたことを発信します

  • 龍村昭子

    龍村昭子
    依頼者の目線に立って物事を考え,丁寧な処理を心掛けています。

  • 上坂薫

    上坂薫
    整理収納サービスのプロが集まって活動している団体です。

  • 田中健(田中神社正禰宜)

    田中健(田中神社正禰宜)
    神に仕えるプロデューサー

  • 中野 靖之

    中野 靖之
    京都在住の金融教育家・1on1FE(ファイナンシャルエデュケーター)の「やすべえ」です。

  • 荒牧誠也

    荒牧誠也
    「穂の花」でシニア・ミドルの生活をもっと豊かに!!!

  • カスタマ2
  • ルナエンバシージャパン
  • 有限会社万来
  • オーディオブック
  • 株式会社ドリーム
  • 保険の見直しのコツ教えます。保険市場へリンク
  • 株式会社ベイシス インスタグラム広告
  • 公益社団法人 認知症の人と家族の会
  • 独立行政法人福祉医療機構 介護制度の情報
  • シニアのためのライフスタイル相談室穂の花
ページトップへ