「どうしてあの人はいつまでもあんなに元気で若々しいのか?」

こんにちは。
バランス治療院 院長の岡井です。
 
これまで、

「痛み改善」と「身体能力開発」

という私たちが得意とすることを活かして、老若男女、様々な整形外科疾患で悩みを抱えた方々をサポートさせていただく中で大切なことがわかってきました。

違いは「日常動作の習慣」

その一つが以下の方々の違いです。

①痛み無く、いつまでも若々しく、自由な身体で人生を楽しんでおられる方と、
 
②痛みや不快感が常にあり、年齢とともに身体が不自由になり、常に誰かの手を借りなければ生きられない方々。
 
その違いは何なのか?


それは「日常動作の習慣」です。
 
とても簡単でシンプルなことなのですが、どっぷり身についていて、疑ったこともない「動作」の習慣ですから厄介です。。。
 
私たちは治療だけではなく、その違いを生み出す「日常の動作やコツ」をお伝えしています。
 
その習慣を身につけた方は驚くほど身体能力が高い状態を保ちながら、健康に快適に過ごしておられます。

・73歳の現在、ゴルフ歴40年にして飛距離もスコアも最高記録の男性、
・81歳にして月2回ゴルフコースを楽しんでおられる女性、
・82歳にしてフルマラソンを完走した男性、
・85歳にして毎月子供さんたちとの旅行を楽しんでおられる女性、
・92歳にして自転車でどこへでも出かける女性など。

まだまだたくさんおられます。
 
 これらの皆さんは、私たちが初めてお会いした時はかなり大きな問題を抱えておられました。

腰や膝の痛み、足のしびれなど、様々な症状に悩んでおられて、
もう、大好きなことができる日は来ないのではないか?と不安でしかたなかった方々です。

多くの方々をサポートをさせていただいた経験から断言できます。

ひとは何歳からでも変化、進化できます。

「疲れにくくなり、自由な身体なる!」簡単な手法とは?

かといって、私たちがお伝えしていることや指導させていただいていることはとてもシンプルです。
 
もともと皆さんに備わった能力を出来るだけ効率よく使い、
一部分に負担がかからないようにする」


それだけです。

ポイントをおさえて生活の中で実践していくと
 

・疲れにくくなり、
・身体が丈夫になり、
・自由な身体になるのです。

 
たくさんの喜びの声をいただき、まさに「健康寿命が伸びていっておられるなー!」と、感動をいただいています。
 
一方で、
 
日本全体としては医療費がかさみ、要介護状態の方も増え続けています。
これからどんな社会になってしまうのか。。。
 
たくさんの情報が飛び交い、何を信じれば良いのか判断することが難しくなってきている状況の中で、
 
・正しい情報
・効果的な方法
・再現性のあるやり方

 
を広くお伝えしていければと思っております。
 
是非皆さんのお悩みやご意見をお聞かせください。
役立つ形でお応えできればと思っております。

次回以降、私たち人間の身体を生きている限り、自由に使うために必要なポイントをお伝えしていきたいと思っております。

この記事のライターをご紹介

岡井康浩 (オカイヤスヒロ)

バランス治療院 院長

「痛み改善」と「身体能力開発」を得意としています。
診察学に沿った原因特定と5種類の施術方策で徹底治療するだけでなく、そもそもの原因となる習慣や日常生活のフォーム改善の指導を通して健康寿命を伸ばす活動を広げてまいります。

関連バナー ライター関連サイト

ページトップへ
老人ホーム探しはこちら