エアープランツの好きな環境

1.日当たり

直射日光の当たらない、明るい場所に置くのがオススメです。
木漏れ日のような柔らかい光を好みます。
室内であればレースのカーテン越しが適していますが、リビングなど窓がある明るい場所であれば問題なく育てられます。遮光カーテンで光を遮った場所は適していません。
屋外なら直射日光の当たらない、軒下など反日陰の場所がオススメです。
春、秋、冬は比較的光が当たっても問題ありませんが、夏の直射日光は葉焼けの原因になるので注意してください。

2.気温

生育適温は、15~25度です。温度差の激しい場所は避けてください。
また、エアコンやヒーターの噴出口に近い場所も乾燥しすぎるので適していません。
冬場は寒さに当たらないように注意して、出窓など夜間に急激に温度が下がる場所の場合は移動させるようにしてください。

3.風通し

エアープランツは部屋の中でも楽しめますが、水やり後の水分などがうまく蒸発するようにしてあげないと、蒸れたり、枯れたりします。

強風ではなく風の流れがあれば大丈夫なので、室内で育てる場合は窓を開けて換気をし、自然の風を当ててあげてください。窓を開けっ放した状態がいいのですが、できない場合は1日1回窓を開けて換気を行ってください。
株の蒸れるのを防ぐことはもちろん、外から流れる風には湿気も含んであるため、植物にとって理想的です。
窓などが少ない部屋ではサーキュレータなどで風の流れを作ってあげる方法もあります。
ただし、直射日光は葉焼けの原因にもなりますので、日の当たらない軒下などに置いて行うのがベストです。

4.水

前回のコラムでも記載しましたが、エアープランツは水が好きな植物なので、株全体がびしょびしょに濡れるくらい水をやっても大丈夫です。
水をあげたら余分な水を切って乾かしてあげてください。

この記事のライターをご紹介

detanto (デタント)

エアープランツと雑貨の専門店

「エアープランツ」という乾燥に強い植物と、雑貨を取扱うネット店舗「detanto(デタント)」です。
是非とも公式サイトをご覧下さい。

ページトップへ
老人ホーム探しはこちら