エンディングノートの活用

2035年問題

高齢化の進行を示す言葉として、高齢化社会、高齢社会、超高齢社会という言葉があります。
全人口に対して65歳以上の高齢者の割合が、

7%を超えると
「高齢化社会」

14%を超えると
「高齢社会」

21%を超えると
「超高齢社会」

現在、日本は「超高齢社会」に突入しております。
2035年には、65歳以上のご高齢者の5人に1人が認知症になると言われております。
「認知症になったら」「医療・介護のこと」「老後生活の資金は足りるのか」「相続のときどうなるのか」など、ご自身の状況の把握と対策をする<終活>に取り組む方が増えています。

終活を始める際には

一言に<終活>と言っても色々としないといけないことがあります。

「相続」「介護」「医療」「お葬式」「お墓」「ペット」「遺される家族のこと」など

解決していくためには、様々な専門知識や法律を駆使しなければなりません。
まずはご自身にとって、どのような情報が必要なのか、何もしないとどのようなリスクがあるのか、状況を知る必要があります。まずはエンディングノートを活用し、身辺の整理を始めましょう。作成するコツは、一度に完成させようと思わないことです。埋めれるページから少しづつ初めていきましょう。

いきなり専門家に話をしにいくのではなく、まずはご自身で身辺の整理をすることが大切です。

推定相続人の把握と財産状況の整理

エンディングノートの中でも特に重要とされるのが、

「相続関係図」

「財産の目録」

です。
「相続関係図」を埋め、もしものとき法律によるとだれが相続人になるのか、相続人以外に財産を渡したい人はいないか、そもそも相続人がいるのか、把握しておきましょう。
よく聞くのは、「うちは財産なんて言えるものはないから、、」ということですが、もしもの時の財産の道筋を決めておかないとお金もちであれ、そうでない人であれ、揉める元になります。

「財産の目録」は、一定期間毎に見直すようにしましょう。財産の状況が整理されていないと遺された方の負担になります。通帳の整理や、不要な不動産の処分など早めに検討しておきましょう。

終活の3点セット

「任意後見制度」

もしも認知症になってしまったとき、誰に身の回りのお世話の事や、財産管理をお願いしたいか決めておく制度です。信頼できる人に後見人予定者としてお願いしてしましょう。認知症になってしまった後に、後見人を選ぶことになると、裁判所が選任する専門家が就任する例が多いようです。

「遺言書」
ご逝去後の財産の行先を指定することが出来ます。

「信託」
「任意後見」や「遺言書」を補完する形で、併用する事が出来ます。
「遺言書」を作成した上で気がかりなことがある場合には、「信託」の活用を検討することも有用です。

老後を明るく前向きに過ごすために

すこしづつでいいので、お元気な内に身辺の整理を始めていきましょう。
面倒くさいこともいい準備をすればいい結果が生まれます。

信託会社は、内閣総理大臣の登録を受け、金融庁の監督下にあります。いかなる場合も安全・確実に信託されたお客様の財産の保全と管理を行います。

相続の事、終活の事、ご相談をお受けしておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

この記事のライターをご紹介

サーバントラスト信託株式会社 (サーバントラストシンタク)

管理型信託業 近畿財務局長(信4)第5号

サーバントラスト信託は、将来に向けていい準備をし、前向きに生きる方のサポートをいたします。
例えばこんなことができます。
「生活資金の管理を任せたい」
「ペットの飼育費の管理をお願いしたい」
「障害を持つ子や配偶者の財産管理をお願いしたい」
「もしものときのことを決めておき(葬儀や遺品整理など一式)、費用の管理をお願いしたい」
「不動産の管理・承継をスムーズに行いたい」
新しい財産の管理方法「信託」を是非ご活用ください。

オススメ記事

  • 各施設ご入居者の身体特長に応じて訪問看護を上手く活用。株式会社OneVisionの挑戦。

    老人ホームご入居にあたって、立地、予算、サービス内容等検討すべき事項は多数あります。中でも、ご入...

  • 住宅型有料老人ホーム「エターナル岸和田下野町」見学記~24時間医療依存度の高い方でも受入れOK。デイサービス併設でレクリェーションも充実~

    同施設は大阪市住吉区に本社を置く株式会社エタニティライフが運営されています。同社では、他にもエタ...

  • 家財による空き家問題

    モノコミュ研究所は日常生活を快適にするための整理収納を広める活動ともう一つ空き家についても3年前...

  • 苦労も多かったけど、 今は家族に囲まれ幸せ

    「私は8人兄弟の末っ子。母親が小学校3年、父親が18歳のときに亡くなったので、兄や嫁に行っていた...

  • 高齢者虐待についての正しい知識③~虐待かもと思ったら~

    前回から時間が空いてしまいましたが,その間,私は自治体が行っている高齢者虐待についての会議に出席...

人気の専門家

  • 税理士:市川 欽一

    税理士:市川 欽一
    「人に尽くす 人でありたい!」

  • 昭和の思い出つむぎ隊

    昭和の思い出つむぎ隊
    高齢者とその支援者に対し、安全で安心できる生活に必要な情報および支援を提供。

  • 勝 猛一

    勝 猛一
    任意後見は、頭の保険です。

  • 柏木 秀行

    柏木 秀行
    「医師×福祉×経営」で感じたことを発信します

  • 龍村昭子

    龍村昭子
    依頼者の目線に立って物事を考え,丁寧な処理を心掛けています。

  • 上坂薫

    上坂薫
    整理収納サービスのプロが集まって活動している団体です。

  • 田中健(田中神社正禰宜)

    田中健(田中神社正禰宜)
    神に仕えるプロデューサー

  • 中野 靖之

    中野 靖之
    京都在住の金融教育家・1on1FE(ファイナンシャルエデュケーター)の「やすべえ」です。

  • 荒牧誠也

    荒牧誠也
    「穂の花」でシニア・ミドルの生活をもっと豊かに!!!

  • みんなの保険料はどのくらい?保険市場へリンク
  • 株式会社ベイシス インスタグラム広告
  • 公益社団法人 認知症の人と家族の会
  • 独立行政法人福祉医療機構 介護制度の情報
  • シニアのためのライフスタイル相談室穂の花
ページトップへ