家族が協力できる片付け術

家族が協力できる片付け術

家族で暮らしている方は 「子供がかたづけをしなくて、困ります。」とか
「主人がいつもモノを使いぱなしでしまわない」など
家族への不満を聞くことが多いです。

解決するには 「しくみ」をつくることが大切です。
導入までにすこし手間はかかります。

でも一度作るとお母さんだけが 家の中のモノを管理するという
役目から開放されて 家族がみんなで片付けができるようになります。

しくみとはどのようなものでしょうか?

例えば学校。
理科室を想像して見てください。
40名以上で実験をしても
授業が終わる頃にはすべての道具がきちんともとに戻ります。
それは すべてのモノに指定席が決められているからです。

家のなかにも家族みんながもとに戻せる指定席を作ることが
しくみづくりです。
そのしくみはできるだけ簡単なものに。

部屋を移動して 棚の扉を開けて 箱を取り出し ふたをあけて
中にしまう。
これではめんどくさくてなかなか片付けが習慣になりません。

出し入れ楽ちんな クイック収納を完成することが大切です。

収納の目的は 「しまうこと」では無く 「つかうこと」です。

子供やご主人を巻き込んで みんなができるしくみを作ると
あとがラクです。

 

この記事のライターをご紹介

上坂薫 (ウエサカカオル)

一般社団法人モノコミュ研究所

「モノコミュ研究所」は、人と「モノ」とのコミュニケーションを考える研究所です。
2013年8月に設立した「モノコミュ研究所」は、整理収納・片づけのプロが中心となって、片付けの現場、セミナー、勉強会などを通じて、人と「モノ」の関係について考え、提案していきます。

関連バナー ライター関連サイト

オススメ記事

  • 緩和ケア病棟ってどんなところ?③

    医師×福祉×経営」で感じたことを発信します、レギュラーコラムニストの柏木です。引き続き緩和ケア病棟...

  • 緩和ケア病棟ってどんなところ?②

    「医師×福祉×経営」で感じたことを発信します、レギュラーコラムニストの柏木です。前回は緩和ケア病棟...

  • 八百万の神々の国、日本!!!

    「日本」皆さんは何と読みますか?「ひのもと」「にほん」「にっぽん」「じっぽん」・・・・・・。色々...

  • 緩和ケア病棟ってどんなところ?①

    「医師×福祉×経営」で感じたことを発信します、レギュラーコラムニストの柏木です。今回から私が仕事を...

  • 医療用麻薬に関する懸念

    「医師×福祉×経営」で感じたことを発信します、レギュラーコラムニストの柏木です。今回は前回に引き続...

人気の専門家

  • 株式会社ベイシス インスタグラム広告
  • 公益社団法人 認知症の人と家族の会
  • 独立行政法人福祉医療機構 介護制度の情報
  • シニアのためのライフスタイル相談室穂の花
ページトップへ