ペット共に老いていく時に考えること

共に暮らした可愛いペットたち

いつまでも共に暮らしたいペットたち。
 
しかしながら、必ずしも、最後までとは限らない。
老いは飼い主にも、ペットたちにもやってくる。
お互いに同じサイクルで歳を重ねられればいいが、ペットの方が先に目が見えなくなったり、足がおぼつかなくなったり、認知症になったりする事もある。
この場合、小型のペットならばなんとかなりそうだが、中型や大型の場合、足が弱ったときに抱っこしなければ動かせない事もある。
もちろん、単身生活でなければ、複数人で対応することが可能だろうけど、それにしても大変な介護になる。
最近では、仕事の間の留守中はペットを看てもらうシッターサービスやデイサービスなど新しいサービスが増えてきたのもこのせいである。
しかし、サービスには費用がかかり、誰しもが利用できる環境ではまだない。


逆に、ペットよりも先に、人が病に倒れる場合も多い。
それは、ある日突然にやってくる。
私のしていたお店にも、何度もこういう事態が起きた。


ある時は、飼い主さんが倒れてしまい、そのまま一人では生活ができなくなり、妹さんがお店に来られた。
妹さんの家族は遠方で、お兄さんは単身者。
犬までは引き取れないと・・。
しかし、犬も高齢で、また持病もあり里子に出すにはなかなか難しい事情だった。
長期の入院生活の間、うちのお店でお預かりさせて頂き、妹さんに犬との暮らしの素晴らしさ、お兄さんにとってのその子の役割など、いろいろとお話しをさせてもらい、退院後、一緒に暮らしてもらえることになった。
これはとてもうまくいった場合である。


またある時、同じく隣同士に住んでいたご兄弟のお兄さんが倒れて危篤状態、犬は老犬。弟さんからの連絡で、殺処分を頼まれた。
見ず知らずの私の店への依頼だった。
「法律で、ペットは終生飼養になり、殺処分は出来ません。」と断った。
「高くなっても良いのでなんとかならないか」という言葉が返ってきた。
今度は老犬ホームを勧めてみた。
費用を言うと無理だと断られた。
最終的には、ボランティアさんの手を借り、終末期を看取って頂くようにお願いをすることになったのだが、そんなに簡単なことではないので、寄付をお願いし、うちのお店の預かりホテル代を支払って頂き、その子を引き取った。
 
本来の飼い主のお兄さんは弟さんに気を遣い、犬との別れを覚悟し、その一切をゆだねられた。
こうした、突然のお別れがいつあるかもしれない。

こ不安材料を少しでも楽にするために、今ではペット信託や生命保険の一部を信託にして、他の人に飼育を託す仕組みが作られている。
ペットの飼育で必要なお金を預け、食事や美容代、病院代などをそこから支払い、預けた人に無断で使われないようにするためだ。


本来、ペットは動産なので、相続を受けた人がペットの事を考える事になるのだが、先に言ったように嫌いな場合も環境が許さない場合もある。
そんな時のことも考えて、今後のペットとの暮らしでの必須条件になるではないかと思っている。
高齢者がペットと最大限長く暮らせる場所や環境作りは、今後の日本の大きな課題といえる。
少しずつでも増えつつあるペット共生高齢者住宅と新しいサービスに期待したい。
 

この記事のライターをご紹介

ラジオパーソナリティー 「まゆまゆ」こと 岡 真由美 (オカ マユミ)

ペットライフコンシェルジュ

有限会社PURENESS 代表
 
 大阪府大阪市旭区生まれ

1994年 旧有限会社 岡商店 代表取締役就任 1968年創業の父の会社を継承
1998年 ペットサロンをオープン
2013年 ペット関連業 ペットビジネスサポート異業種交流会を主催、ペット関連業のネットワークを拡大
2016年 ペットライフコンシェルジュサービスを開始。
     高齢者が最後まで愛犬、愛猫と暮らせる環境を作る事業のサポート、コンサルティングを開始
2017年 日本ペットサロン協会 理事就任 

犬の情報番組インターネットラジオfm-gigにて「ドッグワンチャンネル」にてパーソナリティーとしても活躍中 

関連バナー ライター関連サイト

オススメ記事

  • 各施設ご入居者の身体特長に応じて訪問看護を上手く活用。株式会社OneVisionの挑戦。

    老人ホームご入居にあたって、立地、予算、サービス内容等検討すべき事項は多数あります。中でも、ご入...

  • 住宅型有料老人ホーム「エターナル岸和田下野町」見学記~24時間医療依存度の高い方でも受入れOK。デイサービス併設でレクリェーションも充実~

    同施設は大阪市住吉区に本社を置く株式会社エタニティライフが運営されています。同社では、他にもエタ...

  • 家財による空き家問題

    モノコミュ研究所は日常生活を快適にするための整理収納を広める活動ともう一つ空き家についても3年前...

  • 苦労も多かったけど、 今は家族に囲まれ幸せ

    「私は8人兄弟の末っ子。母親が小学校3年、父親が18歳のときに亡くなったので、兄や嫁に行っていた...

  • 高齢者虐待についての正しい知識③~虐待かもと思ったら~

    前回から時間が空いてしまいましたが,その間,私は自治体が行っている高齢者虐待についての会議に出席...

人気の専門家

  • 税理士:市川 欽一

    税理士:市川 欽一
    「人に尽くす 人でありたい!」

  • 昭和の思い出つむぎ隊

    昭和の思い出つむぎ隊
    高齢者とその支援者に対し、安全で安心できる生活に必要な情報および支援を提供。

  • 勝 猛一

    勝 猛一
    任意後見は、頭の保険です。

  • 柏木 秀行

    柏木 秀行
    「医師×福祉×経営」で感じたことを発信します

  • 龍村昭子

    龍村昭子
    依頼者の目線に立って物事を考え,丁寧な処理を心掛けています。

  • 上坂薫

    上坂薫
    整理収納サービスのプロが集まって活動している団体です。

  • 田中健(田中神社正禰宜)

    田中健(田中神社正禰宜)
    神に仕えるプロデューサー

  • 中野 靖之

    中野 靖之
    京都在住の金融教育家・1on1FE(ファイナンシャルエデュケーター)の「やすべえ」です。

  • 荒牧誠也

    荒牧誠也
    「穂の花」でシニア・ミドルの生活をもっと豊かに!!!

  • みんなの保険料はどのくらい?保険市場へリンク
  • 株式会社ベイシス インスタグラム広告
  • 公益社団法人 認知症の人と家族の会
  • 独立行政法人福祉医療機構 介護制度の情報
  • シニアのためのライフスタイル相談室穂の花
ページトップへ