特養、ケアハウス(サービス付高齢者向住宅)、在宅事業・社会福祉事業の不可思議

一見つながりがありそうだが、、、、、

最近よく相談されるのが、「将来の介護に備えて、元気なうちにケアハウスに入ったんたけど、認知症になったらケアハウスの退所基準に抵触してしまい、退所しなければならなくなったので、有料老人ホームを探してほしい」という依頼です。
社会福祉法人(以下、「社福」)さんの一般型のケアハウスやサービス付高齢者向住宅は、夜間の宿直者が1名いるかいないか。
認知症が発症し夜間の徘徊が始まると、「うちでは見れない」ということで、退所を迫られます。

認知症でない要介護状態なら、併設している居宅介護支援事業所、通所介護、訪問介護、ショートステイ等でしのげますが、認知症への対応力が低いのが現状。

グループホームを併設している事業者なら、グループホームに移れば良いのですが、グループホームを併設していないと、特養を運営していても要介護3にならないと入所できません。
ですから要介護2までだとケアハウスやサービス付高齢者向住宅を退所ということになるようです。

「元々、特養併設なので安心して入所したのに、、、、」とおっしゃるのがご本人やご家族の言い分。もっともだと思うのですが如何でしょうか。

元々はつながっていたんだけど、、、、、

知り合いの社福の理事長にお伺いすると、「元々はつながっていたんだけど、国がいきなり特養は要介護3からという風に決めてしまったので、、、、、」とおっしゃられました。
確かにそうですよね。以前は要介護1以上が特養の入所基準だったので、つながりがあったという言い分は理解できます。
国の制度改定っていきなりですもんね。

でも、その社福さんが開示している決算書類を見てみると、社福事業でも黒字、介護事業でも黒字、当然トータルでも黒字です。
それでしたら、民間がやっているように、ケアハウスやサービス付高齢者向住宅に夜勤者を1名配置すれば良いように思います。
夜勤者1名、宿直者1名で対応できるのでは、、、、、?
前出の理事長にお伺いすると、「それではケアハウス事業が赤字になってしまう。」とのこと。

民間事業者が出来ているのに、、、、、

民間の事業者は、顧客のニーズに合わせないと、入居者が集まりません。
ですから、何とかやりくりして要員を配置します。

最近よく見かけるのが、医療度の高い人の対応のために24時間体制で看護師を配置しているサービス付高齢者向住宅。
特養→病院→民間のサービス付高齢者向け住宅 というのが最近しばしばみかける事例です。

でも民間事業者は利益が出たら税金も払っています。
社福さんは払ってませんよね。

もちろん、きちんと対応できている社福さんも多くいらっしゃいます。
社福さんは社福さんでよく集まって会議等をされています。頑張っている社福さんを見習って、自法人のサービス品質を高めていただけたらと思います。

この記事のライターをご紹介

荒牧誠也 (アラマキセイヤ)

コラムサイト穂の花編集長

株式会社アットウィル 代表取締役
1964年 大阪府大阪市生まれ
1988年 関西電力㈱入社。介護事業子会社 ㈱かんでんジョイライフや医療関係子会社 ㈱かんでん在宅医療サービスの設立や運営に従事。関西電力グループのメデイカル・ヘルスケア事業の企画業務や㈱京阪ライフサポートのM&Aに従事後退職。
2017年 関西電力㈱を退社。㈱ベイシスのソーシャルビジネス事業部長に就任。同時に㈱かんでんジヨイライフ時代の仲間と㈱アットウィルを設立し代表取締役に就任。

関連バナー ライター関連サイト

オススメ記事

  • フリーランスで働く方々の老後の備え

    年始早々、姉に年金の相談を受けました。こつこつ、こつこつ払い続けてきた社会保険料。これを払ってお...

  • インフルエンザシーズン到来②インフルエンザワクチンについて

    「医師×福祉×経営」で感じたことを発信します、レギュラーコラムニストの柏木です。前回に引き続き、イ...

  • 介護保険サービスと保険外サービスを組み合わせて提供する場合の取扱い 通所介護編

    2018年9月28日に厚労省は、高齢者のニーズに対応するサービスである「保険外サービス」の充実を...

  • 介護保険サービスと保険外サービスを組み合わせて提供する場合の取扱い 訪問介護編

    2018年9月28日に厚労省は、高齢者のニーズに対応するサービスである「保険外サービス」の充実を...

  • 皆様の資産は大丈夫!!?不動産市況の最新状況

    50代を超える世代の方々は、定年後の生活が目の前。65歳からもらえる年金で何とか老後の生活を乗り切り...

人気の専門家

  • 税理士:市川 欽一

    税理士:市川 欽一
    「人に尽くす 人でありたい!」

  • 昭和の思い出つむぎ隊

    昭和の思い出つむぎ隊
    高齢者とその支援者に対し、安全で安心できる生活に必要な情報および支援を提供。

  • 勝 猛一

    勝 猛一
    任意後見は、頭の保険です。

  • 柏木 秀行

    柏木 秀行
    「医師×福祉×経営」で感じたことを発信します

  • 龍村昭子

    龍村昭子
    依頼者の目線に立って物事を考え,丁寧な処理を心掛けています。

  • 上坂薫

    上坂薫
    整理収納サービスのプロが集まって活動している団体です。

  • 田中健(田中神社正禰宜)

    田中健(田中神社正禰宜)
    神に仕えるプロデューサー

  • 中野 靖之

    中野 靖之
    京都在住の金融教育家・1on1FE(ファイナンシャルエデュケーター)の「やすべえ」です。

  • 荒牧誠也

    荒牧誠也
    「穂の花」でシニア・ミドルの生活をもっと豊かに!!!

  • 保険の見直しのコツ教えます。保険市場へリンク
  • 株式会社ベイシス インスタグラム広告
  • 公益社団法人 認知症の人と家族の会
  • 独立行政法人福祉医療機構 介護制度の情報
  • シニアのためのライフスタイル相談室穂の花
ページトップへ