在職老齢年金制度について

在職老齢年金制度について

 労働人口の減少に伴い、シニア世代の雇用を促進する制度がたくさん始まっています。それに伴って、社会全体でもシニア世代を雇うという気風が浸透してきました。そんな労働情勢の中で、年金を受給しながら、働くという時には注意がいるのをご存知でしょうか?

今回は厚生年金の減額基準について見ていきたいと思います。

さて、年金をもらいながら働いているあなたは、どちらにあたるでしょう?

① 老齢厚生年金をもらいながら、厚生年金保険に加入せずに、働く。
② 老齢厚生年金をもらいながら、厚生年金保険に加入して、働く。

このケースで注意しなければならないのは、②です。②のケースに当てはまると、もしかすると厚生年金が、本来貰える金額より少ないという事になってしまうかもしれません。
なお、①のケースの場合、減額されることはありません。
※どんな場合においても、老齢基礎年金(国民年金)は、減額されることはありません。

次に減額されるケースを見ていきましょう

まず初めに、年間の老齢厚生年金の額を12で割り、年金月額を求めます。
次に、年間のお給料と賞与の額を12で割り、給料月額を求めます。そして、下表に当てはめていきます。

◆60歳~64歳の方の場合

 ① 年金月額と給料月額の合計が、28万円以下の方は、厚生年金支給額が減らされるということはありません。

 ② 年金月額が28万円以下で、給料月額が46万円以下の方は、
 (年金月額+給料月額―28万円)÷2×12の金額が、厚生年金支給額から減額されます。

 ③ 年金月額が28万円以下で、給料月額が46万円を超える方は、
  {(46万円+年金月額―28万円)÷2+(給料月額―46万円)}×12の金額が、厚生年金支給額から減額されます。

 ④ 年金月額が28万円を超え、給料月額が46万円以下の方は、
  給料月額÷2×12の金額が、厚生年金支給額から減額されます。

 ⑤ 年金月額が28万円を超え、給料月額が46万円を超える方は、
 {46万円÷2+(給料月額―46万円)}×12の金額が、厚生年金支給額から減額されます。

◆65歳以上の方の場合

 ① 年金月額と給料月額の合計が、46万円以下の方は、厚生年金が減らされるということはありません。

 ② 年金月額と給料月額の合計が、46万円を超える方は、
 (収入月額―46万円)÷2×12の金額が、厚生年金支給額から減額されます。

この点に注意すれば、年金が減らされるということはありません。
 

この記事のライターをご紹介

磯貝 慎一郎 (イソガイシンイチロウ)

税理士

平成14年3月に開業。
スピーディーなアドバイスとサービスをご提供します。
開業支援 金融機関対策 相続税対策 税務調査対策を得意としています。

関連バナー ライター関連サイト

オススメ記事

  • 緩和ケア病棟ってどんなところ?②

    「医師×福祉×経営」で感じたことを発信します、レギュラーコラムニストの柏木です。前回は緩和ケア病棟...

  • 八百万の神々の国、日本!!!

    「日本」皆さんは何と読みますか?「ひのもと」「にほん」「にっぽん」「じっぽん」・・・・・・。色々...

  • 緩和ケア病棟ってどんなところ?①

    「医師×福祉×経営」で感じたことを発信します、レギュラーコラムニストの柏木です。今回から私が仕事を...

  • 医療用麻薬に関する懸念

    「医師×福祉×経営」で感じたことを発信します、レギュラーコラムニストの柏木です。今回は前回に引き続...

  • 医療用麻薬についての基礎知識

    「医師×福祉×経営」で感じたことを発信します、レギュラーコラムニストの柏木です。前回は私が専門とし...

人気の専門家

  • 株式会社ベイシス インスタグラム広告
  • 公益社団法人 認知症の人と家族の会
  • 独立行政法人福祉医療機構 介護制度の情報
  • シニアのためのライフスタイル相談室穂の花
ページトップへ