資金管理

テーマ - 備えて豊かに > いつまでも安心して暮らすためのお金の管理。

記事の一覧

30 件中 1 番目から 15 番目の記事を表示
  • 【贈与と税金】その3:幼児への贈与のやりかた

    掲載日 :
    2018年10月11日
    ライター :
    税理士:市川 欽一

    税理士の市川です。今回は贈与コラムの第三回です。前回のコラムにも書きましたが、相続税対策としては時間をかけた暦年贈与が効果的な場合が多くあります。暦年贈与による効果は、時間に応じて大きくなるため、子供や孫が小さなころから行うこともよくあります。

  • 高齢者の財産管理に信託が向いている訳

    掲載日 :
    2018年10月9日
    ライター :
    サーバントラスト信託株式会社

    けがや病気などで入院する際や、老人ホームに入居する際、必ずと言っていいほど身元保証人を求められます。身元保証人はその費用を連帯して保証したり、もしものときの連絡先になる等の大事な役割があります。少子高齢化の進展により人口減少社会に突入しており、同時に、単身世帯の増加、親族の減少、あるいは近隣関.....

  • 「将来に不安を感じる」77% 連合調査の衝撃と老後資金のつくり方①

    掲載日 :
    2018年9月29日
    ライター :
    荒牧誠也

    日本労働組合総連合会は、働く人が持つ生活意識や社会の理想像を把握するため、2017.4月に「日本の社会と労働組合に関する調査」と題し、インターネットリサーチにより調査を実施しました。全国の15歳~64歳の働く人1,036名の有効サンプルを集計したところ、将来に不安を感じることがある方が、「非常に感じる」38.2%.....

  • 認知症患者、資産200兆円!!!

    掲載日 :
    2018年9月10日
    ライター :
    荒牧誠也

    8月26日付けの日経新聞によりますと、高齢化の進展で認知症患者が保有する金融資産が増え続けており、その総額が2030年度には今の1.5倍の215兆円に達する見込みだそうです。(下記リンクをご参照ください)「認知症になると資産活用の意思表示が難しくなり、お金が社会に回りにくくなるため、日本経済の重荷になりかね.....

  • 財産管理のいろいろ③(知っておきたい死後事務委任の基礎知識)

    掲載日 :
    2018年8月24日
    ライター :
    国本美津子

    年齢を重ねると、身体の不自由や判断能力の低下などにより、これまで自分で行ってこられた日常生活の手続きにも支障が出てくる場合があります。そこで必要になるのが、信頼できる誰かのサポート。元気なうちから、もしもの場合を想定して、第三者を代理人や後見人に選任できる制度を利用し、将来の安心に備えましょう.....

  • 財産管理のいろいろ②(知っておきたい任意後見制度の基礎知識)

    掲載日 :
    2018年8月22日
    ライター :
    国本美津子

    年齢を重ねると、身体の不自由や判断能力の低下などにより、これまで自分で行ってこられた日常生活の手続きにも支障が出てくる場合があります。そこで必要になるのが、信頼できる誰かのサポート。元気なうちから、もしもの場合を想定して、第三者を代理人や後見人に選任できる制度を利用し、将来の安心に備えましょう.....

  • 財産管理のいろいろ①(知っておきたい財産管理委任契約の基礎知識)

    掲載日 :
    2018年8月20日
    ライター :
    国本美津子

    年齢を重ねると、身体の不自由や判断能力の低下などにより、これまで自分で行ってこられた日常生活の手続きにも支障が出てくる場合があります。そこで必要になるのが、信頼できる誰かのサポート。元気なうちから、もしもの場合を想定して、第三者を代理人や後見人に選任できる制度を利用し、将来の不安に備えましょう.....

  • 【贈与と税金】その2:贈与税がかからない贈与

    掲載日 :
    2018年8月11日
    ライター :
    税理士:市川 欽一

    今回は贈与税のかからない贈与について書いてみます。非課税となる細かな要件などは別にして、以下の場合には贈与税がかからない贈与となります。1年110万円以下の暦年贈与2累積2500万円以下の相続時精算課税による贈与3教育資金贈与の非課税4結婚・子育て資金の一括贈与の非課税5住宅取得資金の非課税

  • 相続時精算課税制度の注意点

    掲載日 :
    2018年8月7日
    ライター :
    磯貝 慎一郎

    相続時精算課税制度とは、祖父母や父母(60歳以上)などから子や孫(20歳以上)に財産を生前に贈与されたときに税金をかけずに、将来、相続時に生前贈与分を含めたすべての財産に相続税をかける制度です。いわば贈与と相続の一体化措置といえます。この相続時精算課税制度、上手く使えば節税になりますが、場合によっ.....

  • 退職金で資産運用デビューされる方へ その3 – 「100-自分の年齢=リスク資産の割合」って本当ですか?

    掲載日 :
    2018年7月13日
    ライター :
    中野 靖之

    これまでの2回の連載で、第1回目は「2つの分散投資」として、「時間分散投資」と「資産クラス分散投資」を紹介し、第2回目は「退職金運用キャンペーン」についてその内容を分析してきました。今回は、「リスク資産保有の実践」について書いていきます。

  • 遺された家族を守る信託

    掲載日 :
    2018年6月24日
    ライター :
    サーバントラスト信託株式会社

    「終活」に取り組む方が増えています。「終活」とは、自分にもしもの事があったとき、周囲に負担をかけないようにいい準備をしておくことです。一概には言えませんが、終活ですることと言えば上の図のようにたくさんのことを考える必要があります。弊社は「終活」に関わる信託サービスを行っており、信託をつかった方.....

  • 信託はお金の行先の設計図

    掲載日 :
    2018年6月19日
    ライター :
    サーバントラスト信託株式会社

    信託を用いることで、遺言書だけではできない「相続の仕組み」ができることをご存じですか?遺言書だけでは、想い通りの相続ができないかもしれません。遺言書を作成し、プラスアルファとして『信託を活用』することにより、思い通りの相続にすることが可能となります。

  • 【贈与と税金】その1:贈与税の基本

    掲載日 :
    2018年6月15日
    ライター :
    税理士:市川 欽一

    こんにちは。税理士の市川です。表題のとおり贈与税って高そうなイメージがありますよね。確かに一つの見方では高いですが、別の見方をすると意外と使える税金だったりします。これから3回に分けて贈与と税金についてを書いてみたいと思います。

  • リバースモーゲージ

    掲載日 :
    2018年6月13日
    ライター :
    磯貝 慎一郎

    リバースモーゲージとは、自宅(持ち家)を担保にして、そこに住み続けながら金融機関から融資を受けられる主にシニア層向けの融資制度です。死亡後は自宅を売却して、その代金を融資の一括返済に充てます。

  • 退職金で資産運用デビューされる方へ その2 – 「退職金運用キャンペーン」を分解してみました

    掲載日 :
    2018年5月31日
    ライター :
    中野 靖之

    前回の「2つの分散投資」というテーマからガラッと変わりまして、今回のテーマは「退職金運用キャンペーン」についてです。3月、4月に入ると、金融機関からの「退職金運用キャンペーン」についての広告がドッと増えます。その中身を分解、解説していきます。まずは、「退職金運用キャンペーン」にはどのようなキャンペ.....

オススメ記事

  • 緩和ケア病棟ってどんなところ?②

    「医師×福祉×経営」で感じたことを発信します、レギュラーコラムニストの柏木です。前回は緩和ケア病棟...

  • 八百万の神々の国、日本!!!

    「日本」皆さんは何と読みますか?「ひのもと」「にほん」「にっぽん」「じっぽん」・・・・・・。色々...

  • 緩和ケア病棟ってどんなところ?①

    「医師×福祉×経営」で感じたことを発信します、レギュラーコラムニストの柏木です。今回から私が仕事を...

  • 医療用麻薬に関する懸念

    「医師×福祉×経営」で感じたことを発信します、レギュラーコラムニストの柏木です。今回は前回に引き続...

  • 医療用麻薬についての基礎知識

    「医師×福祉×経営」で感じたことを発信します、レギュラーコラムニストの柏木です。前回は私が専門とし...

人気の専門家

  • 株式会社ベイシス インスタグラム広告
  • 公益社団法人 認知症の人と家族の会
  • 独立行政法人福祉医療機構 介護制度の情報
  • シニアのためのライフスタイル相談室穂の花
ページトップへ