ライフプラン

テーマ - 備えて豊かに > いつまでも安心して暮らすためのお金の管理。

記事の一覧

76 件中 1 番目から 15 番目の記事を表示
  • 民法改正!!!相続が変わりました 2

    掲載日 :
    2019年7月20日
    ライター :
    荒牧誠也

    昨年、およそ40年ぶりに民法が改正されました。相続に関する主な改正内容は、・配偶者居住権の創設・持戻しの対象となる生前贈与の範囲の限定(遺留分の算定方法の見直し)・預貯金の仮払い制度の創設・遺留分侵害請求権・自筆証書遺言の方式緩和と補完制度の創設・特別寄与制度の創設(相続人以外の者の貢献の反映).....

  • 公的年金の繰り下げ受給の注意点について

    掲載日 :
    2019年7月11日
    ライター :
    荒牧誠也

    リタイア後の収入を増やす方法として「年金の繰り下げ受給」ということが注目されています。マスコミ等でもよく見かけますよね。人生100年時代において、年金収入はとても大切。少しでも受給額が増えれば、リタイア後のマネープランにもゆとりが出来ます。老齢基礎年金、老齢厚生年金とも支給開始年齢はいずれも65歳か.....

  • 問題解決ストーリー「資産家の母の老後資金が引き出せない」

    掲載日 :
    2019年7月6日
    ライター :
    日本経営グループ

    税理士の吉岡潤は、資産家の長女、鈴木さん(仮名)から、至急の相談があると呼び出された。「私の古い友人で、山田さんという人がいるのです」その山田さんから、こんな話を聞いたそうだ。山田さんは結婚30年。隣町の実家には、母親が1人で住んでいる。弟は都会に出てしまい、身の回りの世話は山田さんがしていた。母.....

  • ユニバーサル賃貸で充実した都心でのシニアライフを!!!

    掲載日 :
    2019年6月27日
    ライター :
    荒牧誠也

    ますます進展する超高齢社会。高齢者単身世帯増。年金支給開始75歳以降。70歳まで定年延長。シニアを取り巻く経済環境はどんどん変化していきます。また、人口減少の影響でインフラが都心部に集中し、地方はますます住みにくくなり、都心はますます住みやすくなっていきます。シニアの住環境も、そういった生活環境の.....

  • 介護施設のちがい⑩ご自宅で住み続ける場合の住環境の整備について

    掲載日 :
    2019年6月27日
    ライター :
    荒牧誠也

    ご自宅でお暮しのシニアの身体状況が悪化するのは、多くの場合、家庭内での事故が原因となります。住み慣れた我が家だからこそ、安心してしまい、・「ちょっとした段差でつまづき転倒」・「雑多にちらかった洗濯ものを踏んですべってこける」・「階段を踏み外して転落」足腰が弱くなったシニアは、このような「介護事.....

  • 介護施設のちがい⑨ 高齢者施設の特徴 比較一覧コラム

    掲載日 :
    2019年6月27日
    ライター :
    荒牧誠也

    介護が必要なご家族のために高齢者施設を探す。自分の将来に備えて今から高齢者施設を探す。皆様、色々な理由で「高齢者施設」を探されますが、皆様がまず驚くのは「高齢者施設」と呼ばれるものが多々ありすぎて何が何かわからないこと?皆様、大雑把に、高齢者施設のことを「老人ホーム」「老健施設」「ケアハウス」.....

  • 介護施設のちがい⑦ 混合型有料老人ホームとは

    掲載日 :
    2019年6月27日
    ライター :
    荒牧誠也

    我々アットウィル社が運営する、シニアのためのライフスタイル相談室「穂の花」に頻繁にある相談のうち、ホームを探すのに苦労するのは、以下のような相談です。「ご両親のうち、旦那様が脳梗塞で入院。半身麻痺で車椅子状態。要介護4。奥様が自立。ご両親お二人だけでお住まいなので、何かあった時に心配だし、奥様.....

  • 住み替えを検討する前に、親子で意見調整を

    掲載日 :
    2019年6月15日
    ライター :
    岡本弘子

    子どもがいても、将来介護などの面倒をかけたくないと、高齢者住宅への住み替えを考える人が増えています。でも、元気なうちに住み替え先を見つけて子供に話したら、「どうしてそんなところに?まだ早い!」と反対されるケースがよく見られます。そうなる理由は2つ。まず子世代は今の高齢者住宅の現状をよく知らず「.....

  • 住民税について詳しく知っていますか?

    掲載日 :
    2019年6月6日
    ライター :
    税理士:市川 欽一

    そろそろ住民税の通知が届く季節になりました。会社勤めの方ですと給与明細書に添付されていたり、手渡しだったり。個人事業主の方は確定申告をしているので申告している住所に市役所から通知が届きます。写真はスタッフの通知書です。こう言ってはなんですが、字が小さすぎて読む気がしません。少し、某CMが頭に過っ.....

  • 持ち家を有効活用しよう!!!アパルトマングループの不動産への付加価値サービス利用のお勧め

    掲載日 :
    2019年5月24日
    ライター :
    荒牧誠也

    日本人の代表的資産と言えば”持ち家”。世帯主の年齢階層別持ち家率は平均で79.5%。29歳以下でも33.0%と高率。30歳代では62.5%と跳ね上がります。以下40代で80.1%、50代で86.9%、60代で92.3%と年齢を重ねるにつれ上昇していきます。かつて”住宅双六”という言葉があったように、賃貸住宅から始まり、分譲マンションを購.....

  • 起業の準備にピッタリ!!!天神橋筋六丁目駅すぐにコモンズ天六誕生!!!

    掲載日 :
    2019年5月20日
    ライター :
    関電不動産開発エリアマネジメントグループ

    日本人の平均寿命84歳。超高齢社会の進展。出生率減による人口の減少。高齢者の扶養比率(65歳以上の人口に対する15歳から65歳の割合)の上昇。婚姻数の減少。終身雇用者数の減少。我々が考えている以上に日本の社会構造は急速に変化しています。政府もワーク・ライフ・バランス改革等の施策を行っていますが、我々個.....

  • 医療費控除とセルフメディケーション税制

    掲載日 :
    2019年5月10日
    ライター :
    磯貝 慎一郎

    政府が2021年以降、マイナンバーカードを使用して1年間の医療費を自動計算して税務署に通知する仕組みを始めます。現在は所得税の確定申告において、医療費控除の適用を受けるためには医療機関名や支払った医療費を確認できる領収書を1年分保存し、自ら入力して書類を作成する必要があります。領収書の保存や申告書作.....

  • 理想的な住み替えタイミングとは

    掲載日 :
    2019年4月17日
    ライター :
    岡本弘子

    住み替えが必要な時期は、自宅環境や家族事情等によって個々に異なりますが、どなたにも共通する理想の住み替えタイミングがあります。それは「元気なうちに」。まだまだ十分な体力と精神力がある元気なうちの住み替えは、これからの人生を変えるほどの大きな価値を生み出します。

  • 損をしてしまう確定申告

    掲載日 :
    2019年4月11日
    ライター :
    税理士:市川 欽一

    こんにちは。税理士の市川です。今回は、節税のための確定申告に、思わぬ「落とし穴」もあること紹介したいと思います。

  • 雑損控除について:災害で財産へ損害が生じた時の税務

    掲載日 :
    2019年3月19日
    ライター :
    磯貝 慎一郎

    昨年は豪雨に地震など例年に比べて災害の多い年でした。災害により、保有する財産について損害が生じた場合は、その損失額について、税金を取り返すことができます。「雑損控除」という制度です。「雑損控除」とは災害・盗難・横領によって、生活に通常必要な資産について損害を受けた場合に受けることができる所得控.....

ページトップへ
老人ホーム探しはこちら