エンディングノート

テーマ - 備えて豊かに > エンディングに関して。

記事の一覧

30 件中 1 番目から 15 番目の記事を表示
  • 民法改正!!!相続が変わりました 2

    掲載日 :
    2019年7月20日
    ライター :
    荒牧誠也

    昨年、およそ40年ぶりに民法が改正されました。相続に関する主な改正内容は、・配偶者居住権の創設・持戻しの対象となる生前贈与の範囲の限定(遺留分の算定方法の見直し)・預貯金の仮払い制度の創設・遺留分侵害請求権・自筆証書遺言の方式緩和と補完制度の創設・特別寄与制度の創設(相続人以外の者の貢献の反映).....

  • 民法改正!!!相続が変わりました

    掲載日 :
    2019年7月17日
    ライター :
    荒牧誠也

    昨年、およそ40年ぶりに民法が改正されました。相続に関する主な改正内容は、・配偶者居住権の創設・持戻しの対象となる生前贈与の範囲の限定(遺留分の算定方法の見直し)・預貯金の仮払い制度の創設・遺留分侵害請求権・自筆証書遺言の方式緩和と補完制度の創設・特別寄与制度の創設(相続人以外の者の貢献の反映).....

  • いろんな子どもがいた、昭和初期の小学校

    掲載日 :
    2019年5月17日
    ライター :
    昭和の思い出つむぎ隊

    桜の季節が終わると、一気に初夏の陽気ですね。青空が広がり、新緑が陽の光でキラキラ輝き、吹く風も気持ちよく感じます。晴れた日には、思わず「五月晴れ」と言いたくなりますが、旧暦の五月が梅雨にあたることから、本来は梅雨の間の晴れを指したものだそう。言葉の意味もだんだん変わってきているのですね。ところ.....

  • 昔は不便だった?でも省エネやエコの工夫というものがありました。

    掲載日 :
    2019年4月5日
    ライター :
    昭和の思い出つむぎ隊

    新元号が「令和」と発表され、新時代への期待が高まっています。その一方、地球の温暖化や環境悪化が、近い将来の人類の課題として取り沙汰されています。利便性を追求するあまり、地球に負担をかけている現代人の生活について、一度振り返ってみる必要がありそうです。大正から昭和初期に子ども時代を過ごした世代の.....

  • 終活のための信託

    掲載日 :
    2019年3月7日
    ライター :
    サーバントラスト信託株式会社

    「私のお葬式は誰があげてくれるのだろう?」と考えたことはありませんか?身内の方がいらっしゃるのであれば問題はありませんが頼れる方がいない場合は、周囲に負担をかけないよう自分で準備し、依頼しておくことも必要です。ご自身の死後の事務(葬儀や納骨、遺品整理など)を頼んでおくサービスを「死後事務委任契.....

  • なつかしい昔の写真とおかあさんの髪型

    掲載日 :
    2019年2月28日
    ライター :
    昭和の思い出つむぎ隊

    高齢者のお世話をしているご家族にご提案です。今は高齢となられた方々の昔の写真を探してみてください。きっと今の姿からは想像もつかない若々しい写真に驚いたり、感動したりできるでしょう。年月を経て記憶が薄れてしまいそうになっても、覚えておきたい出来事や、懐かしい人の顔をハッキリと思い出させてくれるの.....

  • 相続放棄のポイントと留意点

    掲載日 :
    2019年1月25日
    ライター :
    荒牧誠也

    これから始まる親の遺産の相続。”争族”と揶揄され、親兄弟の骨肉の争いになる場合も多々あります。特に最近は、相続する資産の少ない方ほどよく争いになるとか。少子高齢化と言っても、子育てや良い生活を維持するためにはお金がかかりますもんね。それとは対照的に、「プラスの財産よりマイナスの財産のほうが多い」.....

  • 待ち遠しかったお正月

    掲載日 :
    2018年12月27日
    ライター :
    昭和の思い出つむぎ隊

    師走に入ると、何とはなく慌ただしいですね。年賀状の用意をしたり、おせち料理を注文したりと、そろそろお正月準備にかかる頃ですね。今より行事が少なかったひと昔前までは、お正月は一大イベントでした。12月13日は「正月事始め」とされていて、すす払いや餅つきなど、本格的にお正月の準備を始める日。昔は門松用.....

  • 遺言書を残そう/自分で書く遺言書の新しいかたち

    掲載日 :
    2018年12月7日
    ライター :
    日本経営グループ

    近ごろ、老いを感じるようになってきた。元気なうちに遺言書を書いてみよう、とペンを持つ。やみくもに書こうとしても、何から書いてよいかわかりません。そもそも、法定相続人が「妻一人」だったとすれば遺言書を残す必要はなく、手紙でよいのです。しかし、全財産を特定の一人に相続させたい場合や、家は妻に、店は.....

  • 苦労も多かったけど、 今は家族に囲まれ幸せ

    掲載日 :
    2018年11月27日
    ライター :
    昭和の思い出つむぎ隊

    「私は8人兄弟の末っ子。母親が小学校3年、父親が18歳のときに亡くなったので、兄や嫁に行っていた姉が私を育ててくれました」という種子島出身のTさん。お兄さんに見合いをさせられ泣き泣き結婚。親代わりで大事にしてくれたお兄さんには逆らえなかったのです。しかし、見初められ嫁にと望まれた相手だったので.....

  • エンディングノートの活用

    掲載日 :
    2018年11月19日
    ライター :
    サーバントラスト信託株式会社

    高齢化の進行を示す言葉として、高齢化社会、高齢社会、超高齢社会という言葉があります。全人口に対して65歳以上の高齢者の割合が、7%を超えると「高齢化社会」14%を超えると「高齢社会」21%を超えると「超高齢社会」現在、日本は「超高齢社会」に突入しております。2035年には、65歳以上のご高齢者の5人に1人が認.....

  • 相続手続きの流れ

    掲載日 :
    2018年10月19日
    ライター :
    国本美津子

    被相続人がお亡くなりになった後から始まる「相続」。全ての手続きが完了するまでの道のりを、相続のエキスパートである司法書士がサポートします。

  • 高齢者の財産管理に信託が向いている訳

    掲載日 :
    2018年10月9日
    ライター :
    サーバントラスト信託株式会社

    けがや病気などで入院する際や、老人ホームに入居する際、必ずと言っていいほど身元保証人を求められます。身元保証人はその費用を連帯して保証したり、もしものときの連絡先になる等の大事な役割があります。少子高齢化の進展により人口減少社会に突入しており、同時に、単身世帯の増加、親族の減少、あるいは近隣関.....

  • ペット共に老いていく時に考えること

    掲載日 :
    2018年10月3日
    ライター :
    ラジオパーソナリティー 「まゆまゆ」こと 岡 真由美

    いつまでも共に暮らしたいペットたち。しかしながら、必ずしも、最後までとは限らない。老いは飼い主にも、ペットたちにもやってくる。お互いに同じサイクルで歳を重ねられればいいが、ペットの方が先に目が見えなくなったり、足がおぼつかなくなったり、認知症になったりする事もある。この場合、小型のペットならば.....

  • 自分の相続だけでなく、妻や子の相続も決めておく信託

    掲載日 :
    2018年9月6日
    ライター :
    サーバントラスト信託株式会社

    信託とは自分の大切な資産を、自分の信頼できる人に託し、定めたルールに沿って管理・処分してもらう制度です。<後見制度ではできない部分のカバー><相続対策><障がい者福祉等>等の役割として大変注目を集めています。今回は信託のできることの中で、遺言書ではできない事についてご紹介させていただきます。

ページトップへ
老人ホーム探しはこちら