相続対策

テーマ - 備えて豊かに > エンディングに関して。

記事の一覧

30 件中 1 番目から 15 番目の記事を表示
  • 相続手続きの流れ

    掲載日 :
    2018年10月19日
    ライター :
    国本美津子

    被相続人がお亡くなりになった後から始まる「相続」。全ての手続きが完了するまでの道のりを、相続のエキスパートである司法書士がサポートします。

  • 【贈与と税金】その3:幼児への贈与のやりかた

    掲載日 :
    2018年10月11日
    ライター :
    税理士:市川 欽一

    税理士の市川です。今回は贈与コラムの第三回です。前回のコラムにも書きましたが、相続税対策としては時間をかけた暦年贈与が効果的な場合が多くあります。暦年贈与による効果は、時間に応じて大きくなるため、子供や孫が小さなころから行うこともよくあります。

  • 認知症患者、資産200兆円!!!

    掲載日 :
    2018年9月10日
    ライター :
    荒牧誠也

    8月26日付けの日経新聞によりますと、高齢化の進展で認知症患者が保有する金融資産が増え続けており、その総額が2030年度には今の1.5倍の215兆円に達する見込みだそうです。(下記リンクをご参照ください)「認知症になると資産活用の意思表示が難しくなり、お金が社会に回りにくくなるため、日本経済の重荷になりかね.....

  • 自分の相続だけでなく、妻や子の相続も決めておく信託

    掲載日 :
    2018年9月6日
    ライター :
    サーバントラスト信託株式会社

    信託とは自分の大切な資産を、自分の信頼できる人に託し、定めたルールに沿って管理・処分してもらう制度です。<後見制度ではできない部分のカバー><相続対策><障がい者福祉等>等の役割として大変注目を集めています。今回は信託のできることの中で、遺言書ではできない事についてご紹介させていただきます。

  • 大切な人を思って書く、遺言書

    掲載日 :
    2018年8月30日
    ライター :
    日本経営グループ

    行政書士法人日本経営は、遺言書専門の行政書士事務所。私はこの仕事に関わるまで「遺言書」と聞くと、ご家族が不仲だったり、泥沼のドラマを想像したり、ネガティブな印象しかありませんでした。ところが最近では、遺言書だけでなく、ご自身の葬儀を結婚式でも挙げるかのように企画したり、お墓を準備したりと、人生.....

  • 財産管理のいろいろ③(知っておきたい死後事務委任の基礎知識)

    掲載日 :
    2018年8月24日
    ライター :
    国本美津子

    年齢を重ねると、身体の不自由や判断能力の低下などにより、これまで自分で行ってこられた日常生活の手続きにも支障が出てくる場合があります。そこで必要になるのが、信頼できる誰かのサポート。元気なうちから、もしもの場合を想定して、第三者を代理人や後見人に選任できる制度を利用し、将来の安心に備えましょう.....

  • 財産管理のいろいろ②(知っておきたい任意後見制度の基礎知識)

    掲載日 :
    2018年8月22日
    ライター :
    国本美津子

    年齢を重ねると、身体の不自由や判断能力の低下などにより、これまで自分で行ってこられた日常生活の手続きにも支障が出てくる場合があります。そこで必要になるのが、信頼できる誰かのサポート。元気なうちから、もしもの場合を想定して、第三者を代理人や後見人に選任できる制度を利用し、将来の安心に備えましょう.....

  • 財産管理のいろいろ①(知っておきたい財産管理委任契約の基礎知識)

    掲載日 :
    2018年8月20日
    ライター :
    国本美津子

    年齢を重ねると、身体の不自由や判断能力の低下などにより、これまで自分で行ってこられた日常生活の手続きにも支障が出てくる場合があります。そこで必要になるのが、信頼できる誰かのサポート。元気なうちから、もしもの場合を想定して、第三者を代理人や後見人に選任できる制度を利用し、将来の不安に備えましょう.....

  • 【贈与と税金】その2:贈与税がかからない贈与

    掲載日 :
    2018年8月11日
    ライター :
    税理士:市川 欽一

    今回は贈与税のかからない贈与について書いてみます。非課税となる細かな要件などは別にして、以下の場合には贈与税がかからない贈与となります。1年110万円以下の暦年贈与2累積2500万円以下の相続時精算課税による贈与3教育資金贈与の非課税4結婚・子育て資金の一括贈与の非課税5住宅取得資金の非課税

  • 相続時精算課税制度の注意点

    掲載日 :
    2018年8月7日
    ライター :
    磯貝 慎一郎

    相続時精算課税制度とは、祖父母や父母(60歳以上)などから子や孫(20歳以上)に財産を生前に贈与されたときに税金をかけずに、将来、相続時に生前贈与分を含めたすべての財産に相続税をかける制度です。いわば贈与と相続の一体化措置といえます。この相続時精算課税制度、上手く使えば節税になりますが、場合によっ.....

  • その人らしく最後まで生きるために 成年後見制度

    掲載日 :
    2018年7月3日
    ライター :
    国本美津子

    法定後見制度は、認知症の方、知的障がいのある方など、判断能力が十分でない方の日常生活を、ご本人の意思を最大限尊重しながら支援していく制度です。ご本人の財産を守るだけでなく、大切な財産を生かし、ご本人の生活や健康を維持しながら、よりいっそう質の高い生活を送れるようにサポートしていきます。

  • 遺された家族を守る信託

    掲載日 :
    2018年6月24日
    ライター :
    サーバントラスト信託株式会社

    「終活」に取り組む方が増えています。「終活」とは、自分にもしもの事があったとき、周囲に負担をかけないようにいい準備をしておくことです。一概には言えませんが、終活ですることと言えば上の図のようにたくさんのことを考える必要があります。弊社は「終活」に関わる信託サービスを行っており、信託をつかった方.....

  • 信託はお金の行先の設計図

    掲載日 :
    2018年6月19日
    ライター :
    サーバントラスト信託株式会社

    信託を用いることで、遺言書だけではできない「相続の仕組み」ができることをご存じですか?遺言書だけでは、想い通りの相続ができないかもしれません。遺言書を作成し、プラスアルファとして『信託を活用』することにより、思い通りの相続にすることが可能となります。

  • 【贈与と税金】その1:贈与税の基本

    掲載日 :
    2018年6月15日
    ライター :
    税理士:市川 欽一

    こんにちは。税理士の市川です。表題のとおり贈与税って高そうなイメージがありますよね。確かに一つの見方では高いですが、別の見方をすると意外と使える税金だったりします。これから3回に分けて贈与と税金についてを書いてみたいと思います。

  • 生前贈与について

    掲載日 :
    2018年5月4日
    ライター :
    国本美津子

    生前贈与とは、「生きているうちに、自分の財産を人に分け与えること」。贈与する者と贈与を受ける者との意思が合致すれば、個人の財産は自由に処分することができます。生前から計画的に贈与を行うことで、死後に起こる煩雑な相続手続きからご遺族を解放し、負担を軽くすることになるケースが多くあります。また、将.....

オススメ記事

  • 緩和ケア病棟ってどんなところ?③

    医師×福祉×経営」で感じたことを発信します、レギュラーコラムニストの柏木です。引き続き緩和ケア病棟...

  • 緩和ケア病棟ってどんなところ?②

    「医師×福祉×経営」で感じたことを発信します、レギュラーコラムニストの柏木です。前回は緩和ケア病棟...

  • 八百万の神々の国、日本!!!

    「日本」皆さんは何と読みますか?「ひのもと」「にほん」「にっぽん」「じっぽん」・・・・・・。色々...

  • 緩和ケア病棟ってどんなところ?①

    「医師×福祉×経営」で感じたことを発信します、レギュラーコラムニストの柏木です。今回から私が仕事を...

  • 医療用麻薬に関する懸念

    「医師×福祉×経営」で感じたことを発信します、レギュラーコラムニストの柏木です。今回は前回に引き続...

人気の専門家

  • 株式会社ベイシス インスタグラム広告
  • 公益社団法人 認知症の人と家族の会
  • 独立行政法人福祉医療機構 介護制度の情報
  • シニアのためのライフスタイル相談室穂の花
ページトップへ