相続対策

テーマ - 備えて豊かに > エンディングに関して。

記事の一覧

50 件中 1 番目から 15 番目の記事を表示
  • 相続税の申告と計算を学ぶ

    掲載日 :
    2020年5月8日
    ライター :
    税理士:市川 欽一

    相続税とは、相続に伴って、相続人等(相続等を受ける方)が被相続人(亡くなった方)の財産を取得した場合に、その取得財産の価額(時価)をもとに課税される税金の事です。申告は相続人で行う必要があります。

  • 知っておきたい「空き家活用」のための情報源

    掲載日 :
    2020年1月20日
    ライター :
    荒牧誠也

    総務省が発表した「平成30年住宅・土地活用調査」によりますと、空き家は全国で849万戸。実に総住宅数の13.6%にのぼります。毎年増えていく空き家の中で特に注意しなくてはいけないのが、売却用、賃貸用でもない、放置されている「その他住宅」というものが349万戸もあること。実に、全ての空き家のうちで41%を占めて.....

  • 相続法改正②故人の介護をした方も相続の権利が認められるように

    掲載日 :
    2019年12月16日
    ライター :
    磯貝 慎一郎

    2019年7月(一部は1月)からは相続法の改正が施行されました。実に40年ぶりの大改正となります。相続税については、2015年にも税制改正が行われて大増税が行われたのが記憶に新しいところです。今回は1980年以来、約40年ぶりに相続法の大きな見直しがされることになったことから、改めて大きな話題となっています。前.....

  • 土地や建物を売った時

    掲載日 :
    2019年10月19日
    ライター :
    磯貝 慎一郎

    ライフプランに合わせて不動産を売却、買い替えをする。相続した不動産を売却する。など不動産の売買は、人生におけるターニングポイントとなる事が多いです。より良いリスタートを切るために、不動産を売却した際にどういう計算で税金が課されるのかを知っておきましょう。

  • 「住宅取得等資金の贈与」を非課税にする方法―かえって損をする場合もあるので要注意!

    掲載日 :
    2019年9月25日
    ライター :
    磯貝 慎一郎

    住宅を新たに取得するための資金援助として子や孫が金銭の贈与を受ける場合には、一定の非課税枠内で贈与税が非課税となります。この制度については以前も少しご紹介しましたが、実は使わない方が税金対策として有効になる場合や他の制度との併用が可能な場合もありますので、今回はもう少し掘り下げてご紹介したいと.....

  • 相続法改正:旦那のご逝去後、奥様は遺産をどう受け取れるか?

    掲載日 :
    2019年7月26日
    ライター :
    磯貝 慎一郎

    2019年7月(一部は1月)からは相続法の改正が施行されます。実に40年ぶりの大改正になります。相続税については、2015年にも税制改正が行われて大増税が行われたのが記憶に新しいところです。今回は1980年以来、約40年ぶりに相続法の大きな見直しがされることになったことから、改めて大きな話題となっています。

  • 親の自宅を”空き家”にしないための民事信託の活用!!!

    掲載日 :
    2019年7月25日
    ライター :
    荒牧誠也

    4月26日に総務省が発表した住宅・土地統計調査によりますと、2018年10月時点の全国の空き家数は846万戸。国内の住宅総数に占める空き家率は過去最高の13.6%にのぼり、地方だけでなく、東京や大阪などでも空き家率は10%を超えています。空き家になる原因は、・少子高齢化の進展。総住宅数が総世帯数を上回ってきている.....

  • 民法改正!!!相続が変わりました 2

    掲載日 :
    2019年7月20日
    ライター :
    荒牧誠也

    昨年、およそ40年ぶりに民法が改正されました。相続に関する主な改正内容は、・配偶者居住権の創設・持戻しの対象となる生前贈与の範囲の限定(遺留分の算定方法の見直し)・預貯金の仮払い制度の創設・遺留分侵害請求権・自筆証書遺言の方式緩和と補完制度の創設・特別寄与制度の創設(相続人以外の者の貢献の反映).....

  • 民法改正!!!相続が変わりました

    掲載日 :
    2019年7月17日
    ライター :
    荒牧誠也

    昨年、およそ40年ぶりに民法が改正されました。相続に関する主な改正内容は、・配偶者居住権の創設・持戻しの対象となる生前贈与の範囲の限定(遺留分の算定方法の見直し)・預貯金の仮払い制度の創設・遺留分侵害請求権・自筆証書遺言の方式緩和と補完制度の創設・特別寄与制度の創設(相続人以外の者の貢献の反映).....

  • 問題解決ストーリー「資産家の母の老後資金が引き出せない」

    掲載日 :
    2019年7月6日
    ライター :
    日本経営グループ

    税理士の吉岡潤は、資産家の長女、鈴木さん(仮名)から、至急の相談があると呼び出された。「私の古い友人で、山田さんという人がいるのです」その山田さんから、こんな話を聞いたそうだ。山田さんは結婚30年。隣町の実家には、母親が1人で住んでいる。弟は都会に出てしまい、身の回りの世話は山田さんがしていた。母.....

  • 相続放棄のポイントと留意点

    掲載日 :
    2019年1月25日
    ライター :
    荒牧誠也

    これから始まる親の遺産の相続。”争族”と揶揄され、親兄弟の骨肉の争いになる場合も多々あります。特に最近は、相続する資産の少ない方ほどよく争いになるとか。少子高齢化と言っても、子育てや良い生活を維持するためにはお金がかかりますもんね。それとは対照的に、「プラスの財産よりマイナスの財産のほうが多い」.....

  • 相続時精算課税制度の活用方法

    掲載日 :
    2019年1月11日
    ライター :
    磯貝 慎一郎

    相続や贈与のことはよくわからないという方が多いと思いますが、相続税の基礎控除額が下がり、資産税問題はより身近なものになってきています。「相続時精算課税制度による贈与」=「相続時精算課税制度贈与」については、以前記事にも投稿しておりました。今回は「暦年課税による贈与」=「暦年課税贈与」とどう違う.....

  • 遺言書を残そう/自分で書く遺言書の新しいかたち

    掲載日 :
    2018年12月7日
    ライター :
    日本経営グループ

    近ごろ、老いを感じるようになってきた。元気なうちに遺言書を書いてみよう、とペンを持つ。やみくもに書こうとしても、何から書いてよいかわかりません。そもそも、法定相続人が「妻一人」だったとすれば遺言書を残す必要はなく、手紙でよいのです。しかし、全財産を特定の一人に相続させたい場合や、家は妻に、店は.....

  • エンディングノートの活用

    掲載日 :
    2018年11月19日
    ライター :
    サーバントラスト信託株式会社

    高齢化の進行を示す言葉として、高齢化社会、高齢社会、超高齢社会という言葉があります。全人口に対して65歳以上の高齢者の割合が、7%を超えると「高齢化社会」14%を超えると「高齢社会」21%を超えると「超高齢社会」現在、日本は「超高齢社会」に突入しております。2035年には、65歳以上のご高齢者の5人に1人が認.....

  • 相続手続きの流れ

    掲載日 :
    2018年10月19日
    ライター :
    国本美津子

    被相続人がお亡くなりになった後から始まる「相続」。全ての手続きが完了するまでの道のりを、相続のエキスパートである司法書士がサポートします。

ページトップへ
老人ホーム探しはこちら