成年後見制度

テーマ - 備えて豊かに > エンディングに関して。

記事の一覧

20 件中 1 番目から 15 番目の記事を表示
  • 長生きに伴って備える財産管理の方法

    掲載日 :
    2019年8月5日
    ライター :
    サーバントラスト信託株式会社

    国境なき医師団より、「終活」で大事だと思うことのアンケートが公表されています。終末期や死後の手続き・行事について考えることも大事ですが、財産の管理や引き継ぎに関しても考え始める「お金の終活」も関心が高くなっています。

  • 60年ぶり! きょうだいの再会

    掲載日 :
    2019年2月26日
    ライター :
    高嶋康伸

    小柄でとても快活な女性Kさんは、今年で90歳を迎える。子はなく15年前に夫が先立ち、夫と建てた小さな一軒家に一人で暮らしている。夫が亡くなって間もないある日、Kさんは行きつけの銭湯で転倒し腰椎を骨折した。今でも腰が痛むので週1回ヘルパーさんに買い物と部屋の掃除を頼んでいる。2年前から物忘れが酷.....

  • エンディングノートの活用

    掲載日 :
    2018年11月19日
    ライター :
    サーバントラスト信託株式会社

    高齢化の進行を示す言葉として、高齢化社会、高齢社会、超高齢社会という言葉があります。全人口に対して65歳以上の高齢者の割合が、7%を超えると「高齢化社会」14%を超えると「高齢社会」21%を超えると「超高齢社会」現在、日本は「超高齢社会」に突入しております。2035年には、65歳以上のご高齢者の5人に1人が認.....

  • 成年後見制度

    掲載日 :
    2018年10月24日
    ライター :
    細田隆史

    施設に入居する際、基本的に保証人や身元引受人が必要になります。しかし、中には保証人、身元引受人を立てられない場合もあります。そんなときに利用するのが、成年後見制度です。

  • 認知症患者、資産200兆円!!!

    掲載日 :
    2018年9月10日
    ライター :
    荒牧誠也

    8月26日付けの日経新聞によりますと、高齢化の進展で認知症患者が保有する金融資産が増え続けており、その総額が2030年度には今の1.5倍の215兆円に達する見込みだそうです。(下記リンクをご参照ください)「認知症になると資産活用の意思表示が難しくなり、お金が社会に回りにくくなるため、日本経済の重荷になりかね.....

  • 財産管理のいろいろ③(知っておきたい死後事務委任の基礎知識)

    掲載日 :
    2018年8月24日
    ライター :
    国本美津子

    年齢を重ねると、身体の不自由や判断能力の低下などにより、これまで自分で行ってこられた日常生活の手続きにも支障が出てくる場合があります。そこで必要になるのが、信頼できる誰かのサポート。元気なうちから、もしもの場合を想定して、第三者を代理人や後見人に選任できる制度を利用し、将来の安心に備えましょう.....

  • 財産管理のいろいろ②(知っておきたい任意後見制度の基礎知識)

    掲載日 :
    2018年8月22日
    ライター :
    国本美津子

    年齢を重ねると、身体の不自由や判断能力の低下などにより、これまで自分で行ってこられた日常生活の手続きにも支障が出てくる場合があります。そこで必要になるのが、信頼できる誰かのサポート。元気なうちから、もしもの場合を想定して、第三者を代理人や後見人に選任できる制度を利用し、将来の安心に備えましょう.....

  • 財産管理のいろいろ①(知っておきたい財産管理委任契約の基礎知識)

    掲載日 :
    2018年8月20日
    ライター :
    国本美津子

    年齢を重ねると、身体の不自由や判断能力の低下などにより、これまで自分で行ってこられた日常生活の手続きにも支障が出てくる場合があります。そこで必要になるのが、信頼できる誰かのサポート。元気なうちから、もしもの場合を想定して、第三者を代理人や後見人に選任できる制度を利用し、将来の不安に備えましょう.....

  • 任意後見制度の概要2~見守り契約・財産管理契約・ライフプランについて~

    掲載日 :
    2018年7月29日
    ライター :
    勝 猛一

    司法書士の勝猛一(カツタケヒト)です。司法書士として登記業務以外に日々、成年後見の業務に携わっています。任意後見制度の概要の2回目です。今回は、[color=#2980b9]任意後見契約に付随する制度[/color]である[color=#c0392b]見守り契約[/color]と[color=#c0392b]財産管理契約[/color]と[color=#c0392b]ライフプ.....

  • 障がい者の生活安定のための信託

    掲載日 :
    2018年7月28日
    ライター :
    サーバントラスト信託株式会社

    障がい者の子を持つ親御様にとって、自分にもしものことがあったときの子供のことは大きな気がかりです。保護者がサポートできなくなった後も、子供の人生は続いていきます。子供が安心して暮らしていくためには親が元気なうちに準備しておくことが大切です。後見制度、遺言書、保険、などに加え、信託による財産管理.....

  • その人らしく最後まで生きるために 成年後見制度

    掲載日 :
    2018年7月3日
    ライター :
    国本美津子

    法定後見制度は、認知症の方、知的障がいのある方など、判断能力が十分でない方の日常生活を、ご本人の意思を最大限尊重しながら支援していく制度です。ご本人の財産を守るだけでなく、大切な財産を生かし、ご本人の生活や健康を維持しながら、よりいっそう質の高い生活を送れるようにサポートしていきます。

  • 信託はお金の行先の設計図

    掲載日 :
    2018年6月19日
    ライター :
    サーバントラスト信託株式会社

    信託を用いることで、遺言書だけではできない「相続の仕組み」ができることをご存じですか?遺言書だけでは、想い通りの相続ができないかもしれません。遺言書を作成し、プラスアルファとして『信託を活用』することにより、思い通りの相続にすることが可能となります。

  • 任意後見の概要

    掲載日 :
    2018年5月24日
    ライター :
    勝 猛一

    司法書士の勝猛一(カツタケヒト)です。司法書士として登記業務以外に日々、成年後見の業務に携わっています。今回は、まず、任意後見制度の概要から、任意後見契約の当事者の義務について、法定後見制度との比較内容、監督人制度の概要、任意後見契約締結上のルール、任意後見制度の根拠となる法律の説明という順番.....

  • これからの時代の身元保証人

    掲載日 :
    2018年4月25日
    ライター :
    一般社団法人シニア総合サポートセンター

    シニア総合サポートセンターの谷口です。今回は身元保証人についてご説明したいと思います。身元保証人(身元引受人や連帯保証人と言われることもあります)を求められるのはどんなときでしょうか?代表的なのは病院への入院時や賃貸住宅、老人ホームへの入居時です(就職の際に求められることもありますが、ここでは.....

ページトップへ
老人ホーム探しはこちら