旅行

テーマ - 心を豊かに > 新たな趣味をみつけたい。

記事の一覧

10 件中 1 番目から 10 番目の記事を表示
  • 1
  • 奥加賀の廃トンネル

    掲載日 :
    2019年3月21日
    ライター :
    望月 直樹

    『石川県小松市近くの山中に、バイクでしか通れないような廃トンネルがある』その噂を聞いたのは、10年ほど前に福井県で勤務していた時のことでした。「バイクでしか通れないような廃トンネル」?想像するだけで興味が湧いてきます。聞けばそのトンネルは「戸谷隧道」といい、昭和初期竣工で、内部はまるで洞窟のよう.....

  • 現代の「神社」の定義~神社とは何か~②

    掲載日 :
    2018年12月17日
    ライター :
    田中健(田中神社正禰宜)

    前回のコラムで、時代時代の神社の考え方、運営のされ方を説明してきました。今回のコラムでは、最近の神社の運営形態に関してご説明させていただきます。最近はいわゆる新興宗教への風当たりが非常に強くなってきています。オウム真理教の事件等もあり、”宗教”というだけで毛嫌いされる風潮ですが、実は新興宗教が作.....

  • 目の前で中学の校舎が倒壊しました

    掲載日 :
    2018年10月5日
    ライター :
    昭和の思い出つむぎ隊

    ハギ・ススキ・クズ・フジバカマ・オミナエシ・オバナ(ススキ)・ナデシコの秋の七草が、野原を彩る季節になりました。昭和の子どもたちは、涼しくなった外で日が暮れるまで遊び、柿や栗などを家に持ち帰り、秋の味覚を楽しみました。秋の味覚の王様と言えばキノコ。しいたけ、しめじ、まつたけなど、昔の農村ではキ.....

  • 日本一のダート(未舗装)林道!

    掲載日 :
    2018年9月25日
    ライター :
    望月 直樹

    「剣山スーパー林道」。二輪四輪を問わず、オフロード走行に興味がある人は、その名を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。四国は徳島県の中央部、四国最高峰の剣山の山裾を東西に貫く林道をそう呼びますが、どこが「スーパー」なのかというと、全長何と87.7キロ、しかもその大部分が未舗装(ダート)!とい.....

  • 火星大接近!今夏は天体ショーが目白押し!!

    掲載日 :
    2018年7月20日
    ライター :
    冨田和俊

    今回の「大接近」は15年ぶり。火星は、地球から遠く離れているときと比べ、何と約7倍もの大きさになり、「スーパーマーズ」となります(とは言っても、満月の「スーパームーン」のように肉眼で大きさの違いが判るわけではないですが・・)図でご覧いただくとわかるとおり、地球と火星の「接近」は、2年2カ月ごとに繰り.....

  • 酷道425号線

    掲載日 :
    2018年4月26日
    ライター :
    望月 直樹

    『酷道』。それは国が管理する「国道」に「酷い(むごい)状態の道」を掛けた言葉で、その名の通り非常に狭かったり、路面状態が悪かったり、およそ国が管理する道路らしくない道のことを言います。この酷道、日本全国至るところ、特に海辺や山深い地方に数多く存在しており、検索するとそれこそ写真や走行記など非常.....

  • 1月31日(水)は皆既月食です!!

    掲載日 :
    2018年1月25日
    ライター :
    冨田和俊

    今年の最大の天体ショーと言えば、1月31日(水)の「皆既月食」です。今回の月食は、21時頃~23時頃の見やすい時刻に起こり、皆既月食となっている時間が1時間以上もあるという大変条件が良いものとなっています。望遠鏡などの道具も必要ないので、皆さん是非ご覧ください!もちろん双眼鏡やオペラグラスで見.....

  • 空を見上げていますか?冬は星が綺麗ですよ!

    掲載日 :
    2017年12月13日
    ライター :
    冨田和俊

    皆さん、最近、空を見上げてますか?星をご覧になっていますか?肉眼で見える星はだいたい6等星*までで、その数は約8600個。実際には地平線の下や地平線付近は見えないので、空を見上げて見える星は約3000個程度ということになります。しかし、実際に日頃都会で見える星は、皆さんの印象としてはせいぜい20~30個くら.....

  • 瀬戸内のはなれ小島への旅(2日目)

    掲載日 :
    2017年11月25日
    ライター :
    宗和 泰司

    高見島2日目は風の音で目が覚めた。タコ漁を見に行く予定だったのが、海が大荒れでそれどころではない。明石に帰れるかどうかも怪しい。とりあえず帰り支度をして対岸の多度津へ。燃料の調達と讃岐うどんを食べて、同行者とうちの息子には高速バスで帰宅してもらう。そのあとは高見島に戻り、昼寝と島の散策。人もおら.....

  • 瀬戸内のはなれ小島へ

    掲載日 :
    2017年11月19日
    ライター :
    宗和 泰司

    11月の連休は、船に乗って四国の離れ小島「高見島」への船旅。60歳で定年退職した人のふるさとの島です。この人は漁師になりました。船で明石から3時間ちょっと。途中家島でアオリイカとマダイを調達。瀬戸大橋をくぐり難なく到着。島は住人25人。商店もない自動販売機もない離れ小島。静か過ぎて風の音と猫の鳴き声と.....

ページトップへ
老人ホーム探しはこちら