親戚とのつきあい方

テーマ - 心を豊かに > 生活に潤いを。

記事の一覧

5 件中 1 番目から 5 番目の記事を表示
  • 1
  • ペット共に老いていく時に考えること

    掲載日 :
    2018年10月3日
    ライター :
    ラジオパーソナリティー 「まゆまゆ」こと 岡 真由美

    いつまでも共に暮らしたいペットたち。しかしながら、必ずしも、最後までとは限らない。老いは飼い主にも、ペットたちにもやってくる。お互いに同じサイクルで歳を重ねられればいいが、ペットの方が先に目が見えなくなったり、足がおぼつかなくなったり、認知症になったりする事もある。この場合、小型のペットならば.....

  • いちばん確実な、住まいの老後対策とは

    掲載日 :
    2018年5月2日
    ライター :
    岡本弘子

    「老後をどこで暮らし続けたいですか」と尋ねると、大抵の方は「住み慣れた我が家」と答えます。もちろんそれが叶えば一番なのですが、一人暮らしの高齢者が増える中、そうはいかないのが現実のようです。加齢は否応なく精神にも身体にも衰えをもたらし、若い頃には想像も出来なかった不便や不安、さらには危険にさら.....

  • 失敗する遺言書 成功する遺言書

    掲載日 :
    2018年2月1日
    ライター :
    染田 直樹

    相続のご相談で、遺言書を携えて来られることがあります。そのなかには、失敗していることが遺言書も存在します。更に言うと、遺言書として成立していないものもありました。たとえば、次のようなものです。①押印がない②自筆証書遺言なのに、パソコンで打ち込んだもの③メモ程度に簡単に記載したもの④遺言書に書いてい.....

  • 人生100年時代の生き方終い方

    掲載日 :
    2018年1月19日
    ライター :
    一般社団法人シニア総合サポートセンター

    はじめまして。私は、高齢者の方向けに任意後見・身元保証・遺言信託等のサービスを提供しているシニア総合サポートセンター(通称3S会)という法人で近畿方面のマネジャーを務めている谷口と申します。私たち3S会の活動は、高齢者の方がお元気なうちからご逝去されるまで、場合によってはその後のご相続の場面に至るま.....

  • 小さなお葬式 任せてあんしん「生前契約プラン」のご紹介

    掲載日 :
    2017年11月19日
    ライター :
    荒牧誠也

    私の父親は2年前に亡くなりました。83歳でした。男性にしては長生きだったのではと思っています。B型肝炎、前立腺癌、肺癌、腎臓癌と患ったせいか、自身の「死」についても向き合っていたのかもしれません。亡くなった時に、遺言が出てきました。財産分け等が書かれているものではなく、「葬儀はこの会館で」「葬儀代.....

オススメ記事

  • 緩和ケア病棟ってどんなところ?②

    「医師×福祉×経営」で感じたことを発信します、レギュラーコラムニストの柏木です。前回は緩和ケア病棟...

  • 八百万の神々の国、日本!!!

    「日本」皆さんは何と読みますか?「ひのもと」「にほん」「にっぽん」「じっぽん」・・・・・・。色々...

  • 緩和ケア病棟ってどんなところ?①

    「医師×福祉×経営」で感じたことを発信します、レギュラーコラムニストの柏木です。今回から私が仕事を...

  • 医療用麻薬に関する懸念

    「医師×福祉×経営」で感じたことを発信します、レギュラーコラムニストの柏木です。今回は前回に引き続...

  • 医療用麻薬についての基礎知識

    「医師×福祉×経営」で感じたことを発信します、レギュラーコラムニストの柏木です。前回は私が専門とし...

人気の専門家

  • 株式会社ベイシス インスタグラム広告
  • 公益社団法人 認知症の人と家族の会
  • 独立行政法人福祉医療機構 介護制度の情報
  • シニアのためのライフスタイル相談室穂の花
ページトップへ