経済的課題解消

テーマ - 身体を豊かに > 介護で会社をやめないために

記事の一覧

38 件中 1 番目から 15 番目の記事を表示
  • 「将来に不安を感じる」77% 連合調査の衝撃と老後資金のつくり方①

    掲載日 :
    2018年9月29日
    ライター :
    荒牧誠也

    日本労働組合総連合会は、働く人が持つ生活意識や社会の理想像を把握するため、2017.4月に「日本の社会と労働組合に関する調査」と題し、インターネットリサーチにより調査を実施しました。全国の15歳~64歳の働く人1,036名の有効サンプルを集計したところ、将来に不安を感じることがある方が、「非常に感じる」38.2%.....

  • 「仕事」をしながら「介護」。5年前から約60万人増!!!

    掲載日 :
    2018年9月19日
    ライター :
    荒牧誠也

    ㈱アットウィルでは、「介護離職防止のための勉強会」を色々な会社で実施しています。特に、毎月、関電サービス㈱というお会社さまの各営業所で、検針(電力の使用量確認業務)に取り組む従業員さま等に対し30~45分程度の勉強会を行っており、半年間で7箇所、計350名程度に説明を行ってきました。対象が40代~50代の.....

  • 認知症患者、資産200兆円!!!

    掲載日 :
    2018年9月10日
    ライター :
    荒牧誠也

    8月26日付けの日経新聞によりますと、高齢化の進展で認知症患者が保有する金融資産が増え続けており、その総額が2030年度には今の1.5倍の215兆円に達する見込みだそうです。(下記リンクをご参照ください)「認知症になると資産活用の意思表示が難しくなり、お金が社会に回りにくくなるため、日本経済の重荷になりかね.....

  • 特別養護老人ホーム(いわゆる「特養」)って本当に不足しているのか?

    掲載日 :
    2018年8月19日
    ライター :
    荒牧誠也

    7月30日の日経新聞に、「特養整備、用地・人材が壁」という大きな見出しの記事が掲載されていました。記事の内容は以下のとおり。「要介護度の高い高齢者を主に受け入れる特別養護老人ホーム(特養)の整備が停滞している。需要は高止まりするが、土地不足や人材確保の難しさなどから、2015~17年度の新設数.....

  • 特別養護老人ホーム(いわゆる「特養」)の料金制度

    掲載日 :
    2018年7月7日
    ライター :
    荒牧誠也

    「介護施設を利用しよう」って考えられた場合、まず最初に思い浮かべるのが、「特別養護老人ホーム」(介護老人福祉施設の1種類。以下では「特養」と略して書きます。)ではないでしょうか。公的施設、料金が安い、24時間でみてくれる、看取りが期待できる。あっているにせよ、間違っているにせよ、特養に期待されて.....

  • その人らしく最後まで生きるために 成年後見制度

    掲載日 :
    2018年7月3日
    ライター :
    国本美津子

    法定後見制度は、認知症の方、知的障がいのある方など、判断能力が十分でない方の日常生活を、ご本人の意思を最大限尊重しながら支援していく制度です。ご本人の財産を守るだけでなく、大切な財産を生かし、ご本人の生活や健康を維持しながら、よりいっそう質の高い生活を送れるようにサポートしていきます。

  • 高額介護サービス費とは

    掲載日 :
    2018年6月29日
    ライター :
    荒牧誠也

    収入の多いシニア層に対し、介護保険の1割負担が2割負担になったのは皆様記憶に新しいところですね。今年は更に3割負担の方がでてきます。どれだけの収入があれば2割、3割負担になるのか。簡単にまとめてみました。[世帯に65歳以上の方が一人の場合(単身者含む)]【収入が年金だけの方】・年金所得が220万円以.....

  • 有料老人ホームの選び方 費用負担に無理のない施設を選びましょう

    掲載日 :
    2018年6月8日
    ライター :
    荒牧誠也

    親の介護のために有料老人ホームを選ぶ。まず考えるのは費用面。施設でかかる費用を負担するのは、入居する本人の収入が前提です。そのためには、現状の収入をきちんと把握することが必要です。親の貯蓄、年金の受給額、年金以外の収入などを合計して、有料老人ホームで負担する月額利用料は、その金額の中で捻出でき.....

  • レクリエーションを通じ様々な運動の機会を提供

    掲載日 :
    2018年5月18日
    ライター :
    かんでんライフサポート

    ローズライフ京都では、楽しみながら運動が続けられるマシンが人気です。その名も「ニューステップ」。92歳のT様は1日中お部屋で過ごされることが多いため、ご自身でも「動かないと足が弱るなあ」と言われていました。スタッフがご提案したのが、「ニューステップ」。実際にやってみると「歩くのはできないけれど、こ.....

  • コーディネーターの仕事

    掲載日 :
    2018年4月15日
    ライター :
    シニア住まいる相談センター

    私は㈱クオレの「シニア住まいる相談センター」の相談員をしています。かつて看護師の仕事をしながら5年間ほど病院の退院コーディネーターとして患者様やご家族様に退院支援や施設のご紹介などをしておりました。本人様に退院先の希望を聞き、御家族様と相談し自宅への退院が可能かどうかを検討する業務です。一旦、介.....

  • 確認しておきたい 親のお金のこと

    掲載日 :
    2018年3月16日
    ライター :
    荒牧誠也

    親子というのは不思議なもので、長年、一緒に暮らしてきていても、結婚し実家を離れると、「おふくろの味」は覚えていても、「おふくろのこと」は憶えていないことが多いのではないでしょうか。「親のこと子知らず」と昔からよく言われますが、「子」のことを親は良くしっていますが、「親」のことを子は意外と知らな.....

  • シニアの社会保険料の負担額は?

    掲載日 :
    2018年3月1日
    ライター :
    荒牧誠也

    「介護保険制度」は、自分の老後や家族を介護することになった場合に、金銭的にサポートしてくれる心強い存在です。40歳になった月から全ての人が加入することになり、支払い義務が生じます。以降、生きている限りは原則払い続けていくため、年金収入のシニアなとっては、毎月の保険料は気になるところですね。ただ、.....

  • 次代へ遺す、想いを伝える「遺言書を作る」

    掲載日 :
    2018年2月21日
    ライター :
    国本美津子

    遺言書。それはあなたからご家族のために、最後に残せる思いやり。遺産分割や相続を執り行うことは、悲しみにくれるご遺族にとって、大変な負担を伴いますが、遺言書にはその負担を軽くしてあげる力があります。「遺言なんて一部の資産家のためだけのもの」。そんな考えは過去のものとなり、今では前向きに遺言書を作.....

  • シニアの家計事情

    掲載日 :
    2018年2月5日
    ライター :
    清水稚佳子

    60歳以上のシニアの暮らしに必要な生活費はどれくらいなのでしょうか。総務省が平成26年敬老の日に発表した「統計からみた我が国の高齢者(65歳以上)-「敬老の日」にちなんで-」によると、60歳以上の2人無職世帯が1ヶ月あたりに消費する生活費の平均額は、消費支出246,085円/月+非消費支出(税金等)30,314円/月=.....

  • 介護に備えたライフプラン③(親の介護資金の作り方②)

    掲載日 :
    2018年1月3日
    ライター :
    荒牧誠也

    年金額は、それまで収めてきた保険料によって給付額が変わってきます。会社勤めをしてきて厚生年金があるのか、自営業で国民年金のみなのか?勤めてきた会社独自の起業年金があるのか?民間の個人年金保険に入っていたのか?こちらに関しては、まずは親に確認がいるでしょう。親に確認できない場合は、年金が入る銀行.....

オススメ記事

  • 緩和ケア病棟ってどんなところ?②

    「医師×福祉×経営」で感じたことを発信します、レギュラーコラムニストの柏木です。前回は緩和ケア病棟...

  • 八百万の神々の国、日本!!!

    「日本」皆さんは何と読みますか?「ひのもと」「にほん」「にっぽん」「じっぽん」・・・・・・。色々...

  • 緩和ケア病棟ってどんなところ?①

    「医師×福祉×経営」で感じたことを発信します、レギュラーコラムニストの柏木です。今回から私が仕事を...

  • 医療用麻薬に関する懸念

    「医師×福祉×経営」で感じたことを発信します、レギュラーコラムニストの柏木です。今回は前回に引き続...

  • 医療用麻薬についての基礎知識

    「医師×福祉×経営」で感じたことを発信します、レギュラーコラムニストの柏木です。前回は私が専門とし...

人気の専門家

  • 株式会社ベイシス インスタグラム広告
  • 公益社団法人 認知症の人と家族の会
  • 独立行政法人福祉医療機構 介護制度の情報
  • シニアのためのライフスタイル相談室穂の花
ページトップへ