介護離職防止

テーマ - 身体を豊かに > 介護で会社をやめないために

記事の一覧

39 件中 1 番目から 15 番目の記事を表示
  • 特別養護老人ホーム(いわゆる「特養」)の種類

    掲載日 :
    2018年7月11日
    ライター :
    荒牧誠也

    「特別養護老人ホーム」(以下では、「特養」と記載します)のイメージとして、「多くの要介護のご利用者さまを多くのスタッフが集団でケアしている所」というような感じを抱かれていると思われます。確かに従来の施設は「集団ケア」を主流とし、居室も4人の相部屋が主流でした。こういうこれまでの特養を「従来型」.....

  • 特別養護老人ホーム(いわゆる「特養」)の料金制度

    掲載日 :
    2018年7月7日
    ライター :
    荒牧誠也

    「介護施設を利用しよう」って考えられた場合、まず最初に思い浮かべるのが、「特別養護老人ホーム」(介護老人福祉施設の1種類。以下では「特養」と略して書きます。)ではないでしょうか。公的施設、料金が安い、24時間でみてくれる、看取りが期待できる。あっているにせよ、間違っているにせよ、特養に期待されて.....

  • その人らしく最後まで生きるために 成年後見制度

    掲載日 :
    2018年7月3日
    ライター :
    国本美津子

    法定後見制度は、認知症の方、知的障がいのある方など、判断能力が十分でない方の日常生活を、ご本人の意思を最大限尊重しながら支援していく制度です。ご本人の財産を守るだけでなく、大切な財産を生かし、ご本人の生活や健康を維持しながら、よりいっそう質の高い生活を送れるようにサポートしていきます。

  • 高額介護サービス費とは

    掲載日 :
    2018年6月29日
    ライター :
    荒牧誠也

    収入の多いシニア層に対し、介護保険の1割負担が2割負担になったのは皆様記憶に新しいところですね。今年は更に3割負担の方がでてきます。どれだけの収入があれば2割、3割負担になるのか。簡単にまとめてみました。[世帯に65歳以上の方が一人の場合(単身者含む)]【収入が年金だけの方】・年金所得が220万円以.....

  • 有料老人ホームの選び方 費用負担に無理のない施設を選びましょう

    掲載日 :
    2018年6月8日
    ライター :
    荒牧誠也

    親の介護のために有料老人ホームを選ぶ。まず考えるのは費用面。施設でかかる費用を負担するのは、入居する本人の収入が前提です。そのためには、現状の収入をきちんと把握することが必要です。親の貯蓄、年金の受給額、年金以外の収入などを合計して、有料老人ホームで負担する月額利用料は、その金額の中で捻出でき.....

  • 認知症予防とは?怒らない修行もそのひとつです。 認知症になったとしても「幸せ」に生きるのは、その前に「感謝」グセをつけておくこと。

    掲載日 :
    2018年6月6日
    ライター :
    小川陽子

    「あれっ、この料理、醤油が先だっけ」「この前は行けたのに道がわからない」もの忘れがひどくなってきた、いままでできていた手順が一瞬、わからなくなる、そんなときは生活を見直してみてください。毎日同じことの繰り返しで、一定の脳の回路しか使っていない、ダラ〜〜、ボーっとしている時間が多い、ならば要注意.....

  • レクリエーションを通じ様々な運動の機会を提供

    掲載日 :
    2018年5月18日
    ライター :
    かんでんライフサポート

    ローズライフ京都では、楽しみながら運動が続けられるマシンが人気です。その名も「ニューステップ」。92歳のT様は1日中お部屋で過ごされることが多いため、ご自身でも「動かないと足が弱るなあ」と言われていました。スタッフがご提案したのが、「ニューステップ」。実際にやってみると「歩くのはできないけれど、こ.....

  • 親が入院した場合に備えて

    掲載日 :
    2018年5月8日
    ライター :
    荒牧誠也

    親が高齢になった場合、急に病気や怪我がやってきます。我々家族はその時に備え、心の準備をしておいた方が、いざという時にあわてなくて済みます。最近、急性期病院(特に患者7人に対して看護師1人の割合で、常に看護師が患者をみている体制を有する病院)は、入院日数の管理をきっちりやっておられるので、手術後.....

  • いちばん確実な、住まいの老後対策とは

    掲載日 :
    2018年5月2日
    ライター :
    岡本弘子

    「老後をどこで暮らし続けたいですか」と尋ねると、大抵の方は「住み慣れた我が家」と答えます。もちろんそれが叶えば一番なのですが、一人暮らしの高齢者が増える中、そうはいかないのが現実のようです。加齢は否応なく精神にも身体にも衰えをもたらし、若い頃には想像も出来なかった不便や不安、さらには危険にさら.....

  • コーディネーターの仕事

    掲載日 :
    2018年4月15日
    ライター :
    シニア住まいる相談センター

    私は㈱クオレの「シニア住まいる相談センター」の相談員をしています。かつて看護師の仕事をしながら5年間ほど病院の退院コーディネーターとして患者様やご家族様に退院支援や施設のご紹介などをしておりました。本人様に退院先の希望を聞き、御家族様と相談し自宅への退院が可能かどうかを検討する業務です。一旦、介.....

  • 個別ケア、個別リハビリも丁寧に心を込めて。

    掲載日 :
    2018年3月16日
    ライター :
    かんでんライフサポート

    自分でできることは、人に助けてもらわず自分で努力する。そんな思いを持ったご入居者のT様。目が見えにくいこともあり、自分がトイレへ行けるよう、見えやすい色で目印をつけ、ひとりで居室内の中を歩かれていました。しかし夜間に誤って転倒。左股関節骨折で入院することに。病院にお見舞いに伺うとまだ痛みがある.....

  • 確認しておきたい 親のお金のこと

    掲載日 :
    2018年3月16日
    ライター :
    荒牧誠也

    親子というのは不思議なもので、長年、一緒に暮らしてきていても、結婚し実家を離れると、「おふくろの味」は覚えていても、「おふくろのこと」は憶えていないことが多いのではないでしょうか。「親のこと子知らず」と昔からよく言われますが、「子」のことを親は良くしっていますが、「親」のことを子は意外と知らな.....

  • シニアの社会保険料の負担額は?

    掲載日 :
    2018年3月1日
    ライター :
    荒牧誠也

    「介護保険制度」は、自分の老後や家族を介護することになった場合に、金銭的にサポートしてくれる心強い存在です。40歳になった月から全ての人が加入することになり、支払い義務が生じます。以降、生きている限りは原則払い続けていくため、年金収入のシニアなとっては、毎月の保険料は気になるところですね。ただ、.....

  • シニアの家計事情

    掲載日 :
    2018年2月5日
    ライター :
    清水稚佳子

    60歳以上のシニアの暮らしに必要な生活費はどれくらいなのでしょうか。総務省が平成26年敬老の日に発表した「統計からみた我が国の高齢者(65歳以上)-「敬老の日」にちなんで-」によると、60歳以上の2人無職世帯が1ヶ月あたりに消費する生活費の平均額は、消費支出246,085円/月+非消費支出(税金等)30,314円/月=.....

  • 介助される人にもする人にもやさしい「ノーリフト」を実践

    掲載日 :
    2018年2月2日
    ライター :
    かんでんライフサポート

    弊社かんでんライフサポートが運営する介護付き有料老人ホーム「ローズライフ京都」では、人の手で持ち上げたり抱えたりしない介護・看護を実践しています。「ノーリフト」と呼ばれ、ご入居者さまの身体状況にあわせて、車椅子等の福祉用具を有効に活用するこの介助は、抱える介助時に生じやすい、ご入居者さまの筋肉.....

オススメ記事

  • 医療用麻薬に関する懸念

    「医師×福祉×経営」で感じたことを発信します、レギュラーコラムニストの柏木です。今回は前回に引き続...

  • 医療用麻薬についての基礎知識

    「医師×福祉×経営」で感じたことを発信します、レギュラーコラムニストの柏木です。前回は私が専門とし...

  • 五節句

    節句は日本の暦の一つであり、伝統的な年中行事を行う季節の節目となる日のことです。日本の文化・風習...

  • いちばん確実な、住まいの老後対策とは

    「老後をどこで暮らし続けたいですか」と尋ねると、大抵の方は「住み慣れた我が家」と答えます。もちろ...

  • 非日常を楽しむファッションショーの威力☆彡

    ここ数年…“シニアファッションショー”、“介護ファッションショー”という言葉をよく見聞きするようになり...

人気の専門家

  • 株式会社ベイシス インスタグラム広告
  • 公益社団法人 認知症の人と家族の会
  • 独立行政法人福祉医療機構 介護制度の情報
  • シニアのためのライフスタイル相談室穂の花
ページトップへ