高齢者の疾患

テーマ - 身体を豊かに > 親の病気。どうすればいい?

記事の一覧

23 件中 1 番目から 15 番目の記事を表示
  • 薬局を活用しよう! その3薬局の管理栄養士の仕事・役割

    掲載日 :
    2018年5月22日
    ライター :
    未来 きらら

    皆さんこんにちは。(株)J.みらいメディカル「きららみらい薬局グループ」の未来きららです。今回は、「薬局の管理栄養士」のお話をします。

  • レクリエーションを通じ様々な運動の機会を提供

    掲載日 :
    2018年5月18日
    ライター :
    かんでんライフサポート

    ローズライフ京都では、楽しみながら運動が続けられるマシンが人気です。その名も「ニューステップ」。92歳のT様は1日中お部屋で過ごされることが多いため、ご自身でも「動かないと足が弱るなあ」と言われていました。スタッフがご提案したのが、「ニューステップ」。実際にやってみると「歩くのはできないけれど、こ.....

  • 親が入院した場合に備えて

    掲載日 :
    2018年5月8日
    ライター :
    荒牧誠也

    親が高齢になった場合、急に病気や怪我がやってきます。我々家族はその時に備え、心の準備をしておいた方が、いざという時にあわてなくて済みます。最近、急性期病院(特に患者7人に対して看護師1人の割合で、常に看護師が患者をみている体制を有する病院)は、入院日数の管理をきっちりやっておられるので、手術後.....

  • 健康診断を受けても病気は減らない!!!

    掲載日 :
    2018年4月18日
    ライター :
    金城 実

    岡山の金城です。岡山は、すっかり春です。春がくるとウキウキするのは動物だから・・・早いもので3回目、お付き合いいただいている読者の方、ありがとうございます。すでにコラム第2号から2ヵ月も経ちました。前回(2回目)の最後で書いたように、ドイツでもアメリカでも国策として「病気にならない」ための研究がす.....

  • 「痛み」という症状への対応

    掲載日 :
    2018年4月4日
    ライター :
    柏木 秀行

    「医師×福祉×経営」で感じたことを発信します、レギュラーコラムニストの柏木です。前回まで、いざという時の話し合いと題して、人生の最終段階での医療内容や意向に沿った過ごし方に関する話をしてきました。皆さん、どのように感じられたでしょうか?実は、私自身は本業が医師ですので、本当に切迫した状況で、当事.....

  • 代理意思決定者を決めましょう

    掲載日 :
    2018年3月20日
    ライター :
    柏木 秀行

    「医師×福祉×経営」で感じたことを発信します、レギュラーコラムニストの柏木です。前回に引き続き、いざという時の話し合いについてです。

  • 個別ケア、個別リハビリも丁寧に心を込めて。

    掲載日 :
    2018年3月16日
    ライター :
    かんでんライフサポート

    自分でできることは、人に助けてもらわず自分で努力する。そんな思いを持ったご入居者のT様。目が見えにくいこともあり、自分がトイレへ行けるよう、見えやすい色で目印をつけ、ひとりで居室内の中を歩かれていました。しかし夜間に誤って転倒。左股関節骨折で入院することに。病院にお見舞いに伺うとまだ痛みがある.....

  • もし、がんだと言われたら

    掲載日 :
    2018年2月14日
    ライター :
    蓮尾 久美

    検診をうけた婦人科病院では、先生に「良く自分で見つけたね。偉かったな~」なんてほめて頂き、なんだかそれがとても嬉しかったことを覚えています。怖いだけでなく、「あぁ見つけてよかったんだ」と思いました。私ががん告知を受けたのは、検診を受けた産婦人科病院から、その後紹介された地域の病院でした。今は、.....

  • 薬局を活用しよう! その2薬局薬剤師の仕事・役割

    掲載日 :
    2018年2月8日
    ライター :
    未来 きらら

    (株)J.みらいメディカル「きららみらい薬局グループ」の未来きららです。新年のご挨拶には遅くなりましたが今年もよろしくお願いいたします。前回は1回目として、薬局全体の役割のお話をさせていただきました。今回は、薬局薬剤師ってどんな仕事なのか、そしてどんな役割を担っているかをお話ししたいと思います。

  • 事前の話し合いって本当に大事です

    掲載日 :
    2018年2月7日
    ライター :
    柏木 秀行

    「医師×福祉×経営」で感じたことを発信します、レギュラーコラムニストの柏木です。年が明けて早いもので、すでに1ヶ月が経過しました。小さい頃はいろんなものが待ち遠しく、3日後の遠足だって「まだかなぁ」って待ちわびてたのに、今では1ヶ月も気づけば過ぎる程度の長さに感じるようになってきました。さて、前回に.....

  • 「がんの早期発見」の意味と「予防医療」への道

    掲載日 :
    2018年1月28日
    ライター :
    金城 実

    岡山の金城です。岡山は、例年になく寒い寒い年末年始でした。「春が待ち遠しい!」と感じるのは年齢のため・・・昨日(1/17)から3月並の気温になり、ほっとしています。

  • 地域貢献事業のご案内

    掲載日 :
    2018年1月15日
    ライター :
    伊藤 永彦

    皆さま新年あけましておめでとうございます。今月は、本社やホームにおける地域貢献事業をご案内し、チャーム・ケア・コーポレーションとしての「地域共生の想い」を伝えて参ります。今回ご紹介する認知症や、パーキンソン病については、近時大きく採り上げられる話題となりましたが、ご高齢の皆さま、ご家族様ともに.....

  • 魅力的なライフスタイル、心に寄り添うケアを求めて。

    掲載日 :
    2018年1月4日
    ライター :
    伊藤 永彦

    読者の皆さま、初めまして。株式会社チャーム・ケア・コーポレーションの伊藤と申します。今回穂の花さんのサイトをお借りして、わが社の事業や、その他の取組、社会貢献事業などをご紹介してまいることとなりました。今まで、あまり情報のなかった、介護現場のいろんなお話を通じて、介護事業の実情を、正しくご理解.....

  • 社是は『人類の2足歩行を守る』

    掲載日 :
    2018年1月4日
    ライター :
    綱 一弘

    「ふんばるマジック」の開発は母のヒザ関節症による負担を軽減したいという想いから始まった。行きつけの整形外科では膝の水を抜くかヒアルロン酸を注射するか、もっと膝が痛み出したら人工関節を入れる置換手術の方法もあるとの先生の話。母の望みは、日常の生活を送る上でもう少し膝が楽にならないのかというもので.....

  • 薬局を活用しよう!

    掲載日 :
    2017年12月19日
    ライター :
    未来 きらら

    皆さんこんにちは。今回より当コラムを担当します、(株)J.みらいメディカル「きららみらい薬局グループ」の未来きららです。私共は大阪府下に17店舗を展開している薬局で、皆様の健康をサポートすべく日々奮闘しています。もっと皆様の身近な存在として薬局にどのようなことができるのかを、このコラムを通じて知.....

オススメ記事

  • 五節句

    節句は日本の暦の一つであり、伝統的な年中行事を行う季節の節目となる日のことです。日本の文化・風習...

  • いちばん確実な、住まいの老後対策とは

    「老後をどこで暮らし続けたいですか」と尋ねると、大抵の方は「住み慣れた我が家」と答えます。もちろ...

  • 非日常を楽しむファッションショーの威力☆彡

    ここ数年…“シニアファッションショー”、“介護ファッションショー”という言葉をよく見聞きするようになり...

  • 「痛み」という症状への対応

    「医師×福祉×経営」で感じたことを発信します、レギュラーコラムニストの柏木です。前回まで、いざとい...

  • 代理意思決定者を決めましょう

    「医師×福祉×経営」で感じたことを発信します、レギュラーコラムニストの柏木です。前回に引き続き、い...

人気の専門家

  • 公益社団法人 認知症の人と家族の会
  • 独立行政法人福祉医療機構 介護制度の情報
  • シニアのためのライフスタイル相談室穂の花
ページトップへ